F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「ペレスといいバトルをしていたが、急にスペースがなくなった」:アルファロメオ F1第10戦決勝

2021年7月20日

 2021年F1第10戦イギリスGPの決勝レースが行われ、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは13位、キミ・ライコネンは15位でレースを終えた。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=13位

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2021年F1第10戦イギリスGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 長いレースだったし、僕にはすごくエキサイティングというわけでもなかった。ペースは良かったものの、大事な場面でそれを発揮できなかったんだ。ピットストップまではツノダ(裕毅)の前にいたが、(ジョージ・)ラッセルにうまく抑えられて抜くことができなかった。オーバーテイクが簡単ではないこのコースで、最終的にはユウキがポイント圏内でフィニッシュしたのだから、僕としてはとても悔しい。


 この経験から学んで、ハンガリーに気持ちを向けないとね。低速コーナーが多くて、長いストレートのないコースだから、ここよりは僕らのクルマに合っていると思う。


■アルファロメオ・レーシング・オーレン
キミ・ライコネン 決勝=15位

キミ・ライコネン(アルファロメオ)&セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)とセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

(セルジオ・)ペレスと接触するまでは、悪くないレースをしていた。厳しい午後になることは承知していたが、いいスタートが決まって、しばらくはトップ10圏内を走ることができた。セルジオとはいいバトルをしていて、サイド・バイ・サイドになる場面も何度もあったのに、あそこで急にスペースがなくなってしまった。どうしてそうなったのかは分からないが、とにかく僕はスピンしてしまったということだ。


 終盤にはもう防戦一方になり、最後までポイント圏内にとどまるには、やはりまだ何かが足りないと感じた。次のサーキット(ハンガロリンク)では、もう少しこのクルマの長所が活かせるはずなので、もっと競争力を示すことができるといいんだけど。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 18:30〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:00
7/31(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜23:00
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号