F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ピットレーンスタートのペレス、7位を諦め、チームに貢献:レッドブル・ホンダ/F1第10戦決勝

2021年7月19日

 2021年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは16位だった。


 ペレスは土曜スプリント予選でリタイアした後、パルクフェルメコンディションでマシンをモディファイしたことで、ピットレーンスタートとなった。ハードタイヤから18周目にミディアム、38周目にミディアムに交換。その後、チームは、ルイス・ハミルトンからファステストラップを奪う目的で、終盤、ペレスにソフトタイヤを履かせることを決めた。10番手走行中の48周目、ソフトタイヤに換えたペレスは、狙いどおりファステストラップを記録した。ペレス自身はポイント圏外に落ちたため、ボーナスポイントは得ていない。


 ペレスは、キミ・ライコネン(アルファロメオ)とのインシデントが審議対象になったものの、どちらかに大部分の責任があるとはみなされず、ペナルティは科されなかった。

2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 決勝=16位


 自分の週末にも、自分自身のパフォーマンスにも、とてもがっかりしている。思っていたほどポジションを上げることができず、タイヤにも苦しんだ。


 DRSトレインの中に入り込んだ後は、オーバーテイクすることが不可能だった。


 それでも今日は7位が可能だったと思う。あと数周あれば、(8番手の)ランス(・ストロール)と(7番手の)フェルナンド(・アロンソ)をつかまえることができたはずだ。でも終盤、戦略的な理由でもう一回ピットストップをして、ファステストラップを狙うことに決めた。


 僕たちにとって忘れてしまいたい週末になった。選手権のリードを大幅に縮められてしまったんだ。体勢を改めて整えて、また懸命に作業に取り組み、ハンガリーではできる限り強くなって戻ってきたい。


 マックスとルイス(・ハミルトン)のインシデントは、まだ見ていないので、見てみる必要があるけれど、何より大事なのは、マックスが無事だったことだ。



(autosport web)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号