F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第9戦オーストリアGP決勝トップ10ドライバーコメント(2)

2021年7月5日

 2021年F1第8戦シュタイアーマルクGPの決勝レースで優勝〜5位のドライバーが日曜日を振り返った。優勝〜5位のドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)だ。


■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=5位

2021年F1第9戦オーストリアGP カルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第9戦オーストリアGP カルロス・サインツJr.とシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 オーストリアでの週末2回を終えて、ここで自分たちがしてきた仕事に自信を感じている。今日、とてもいい戦略を使い、タイヤマネジメントをうまくやり、素晴らしいチームワークによって、スムーズなレースを実行することができた。


 僕たちはハードタイヤでスタートした。序盤数周に苦しむことは分かっていた。実際、スタートでグリップがなくていくつかポジションを落としたよ。でもレースは1周目で終わるわけじゃないと分かっていた。


 とにかく最初のスティントをできる限り長く延ばすことを目指したんだ。タイヤをセーブしながら、とてもいいペースを維持して走ったよ。かなり長いスティントを走ってから、ミディアムタイヤに交換し、その後は最後まで全開で飛ばした。(角田)裕毅をパスして、すぐに前のグループに追いつき、シャルルとのチームワークでダニエル(・リカルド)をうまくオーバーテイクすることができた。そして、(ペナルティを受けていた)チェコ(ペレス)との間隔を10秒以内に縮めたことで、5位に上がることができた。


 オーストリアでの決勝2日間はうまくいったと思う。目指す状態とはほど遠いが、野心とモチベーションは高い。今後のレースに向けて向上するために努力し続けるよ。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 決勝=4位

2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 望んでいた結果ではないけれど、少なくともいくつかポイントを獲ることはできた。ランドをオーバーテイクする少し前にマシンがダメージを負って、リヤの感触がおかしくなってきた。レースを通して、その状態が悪化していったんだ。それがなければスムーズに2位に入れたと思う。


 マックスとの差は大きい。僕たちはマシンを向上させて、毎週末、パフォーマンスを改善していかなければならない。チームは必死に努力している。パフォーマンスを見つけるために、このハードワークを続けていこう。


(レース後の記者会見で語り)今日は大量のポイントを失った。他のドライバーたちと比べて縁石に乗り過ぎるということはないので、どうして壊れたのか分からない。


■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=3位

2021年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)が3位
2021年F1第9戦オーストリアGP ランド・ノリス(マクラーレン)が3位

 これ以上はないという、文句なしの結果だった。またポディウムに上がって、多くのポイントをチームに持ち帰った。すごくいい一日だったよ。ただひとつ残念なのは、2位の可能性もありながらそれを逃したことだけど、そこまで行けたという意味では大きな収穫でもある。レースペースは信じられないほど速くて、特に第2スティントではメルセデスのようなトップレベルのクルマとも戦えた。


 ポジティブなことがたくさんあり、全体として最高の一日になった。ハードワークを続けて、すばらしいクルマを用意してくれたチームのみんなに心から感謝したい。この勢いに乗り、2週間後にシルバーストンで行われる僕らのホームレースに向けて、プッシュし続けるつもりだ。


■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=2位

2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2位獲得
2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2位獲得

 個人的に、2位は先週よりひとつ上だし、それを5番グリッドから獲得したのだから、悪くない週末だったと思っている。純粋なペースでレッドブルとは大きなギャップがあることを考えれば、僕たちチームはそれなりにたくさんのポイントを稼いだと言っていいんじゃないかな。


 2位で表彰台に上がれてよかった。今日の状況を最大限に活用したと思うからね。今日はタイヤがとても長持ちしたので、それは驚きだった。


 これから2週間ハードワークと学習に努め、シルバーストンに備える。ファンに会えるのが楽しみだよ。ライバルと戦えるよう、ペースを向上させることができるといいね。


■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 決勝=1位

2021年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝
2021年F1第9戦オーストリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝

 ホームコースのレッドブルリンクで再び勝てて最高の気分だ。うまくいくと予想していたが、ここまでうまくいくとは思っていなかった。マシンはレールの上を走っているようにとても安定していて走りやすかったし、どちらのタイヤコンパウンドでもすごくペースが良かった。プッシュしながらタイヤのケアをすることができた。まさに理想的な状況で、1周1周、後ろとのギャップを広げることができたんだ。


 誰もが先週末から学ぶことがあったと思うが、もちろん僕たちもそうで、セットアップを改善することでマシンの最適化をさらに進めた。うまく表現するのが難しいけれど、走っていてすごく楽しかった。最高の週末だったよ。これからもこんな風にやっていければいいね。


 チームの全員が最高の形で報われた。ホンダを代表して田辺(豊治/F1テクニカルディレクター)さんが表彰台に上ったのもよかったね。


 週末を通してファンの皆は最高だった。グランドスタンドがオレンジに染まっていたんだ。観客がサーキットに戻ってきて、F1を楽しんでいるのを見てうれしかった。


 今後、苦労するレースもあるだろうし、シルバーストンではスプリントレースが新しく導入されるから、状況がどう変わるのか、興味深い。それでも今は、今日のレースが最初から最後までうまくいったことを喜びたい。こういうレースは頻繁にあるわけではないから、今は皆で楽しもう。


(記者会見で語り)チームの全員とホンダが努力してきた結果だ。この2週間、特に今回は、パッケージ全体が信じられないほど素晴らしかった。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/5
第2戦サウジアラビアGP 3/19
第3戦オーストラリアGP 4/2
第4戦アゼルバイジャンGP 4/30
第5戦マイアミGP 5/7
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編