F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、接触で後退も入賞「アクシデントを除けば、僕のベストレース」フェラーリ/F1第8戦

2021年6月28日

 2021年F1シュタイアーマルクGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは7位、カルロス・サインツJr.は6位だった。ルクレールは7番グリッドからスタート、1周目にピエール・ガスリーと接触した影響ですぐさまピットイン、18番手まで落ちた。ソフトタイヤからハードに履き替えたルクレールは、37周目にミディアムに交換、最終的に入賞圏内まで挽回した。サインツは12番グリッドからミディアムタイヤでスタート、41周目にハードに交換する1回ストップで走った。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=7位
 複雑な気分だよ。1周目のインシデントでいきなり遅れを取ることになった。もっといい結果をつかめた可能性があったのに、そのチャンスを失ったんだ。一方で、2周目以降に関しては、僕のF1キャリアのなかでベストレースのひとつと言っていいと思う。マシンの感触が最高で、ペースも良かった。順位を上げていくためにすべてのチャンスをつかんだ。


 マシンから最大限のパフォーマンスを引き出したよ。僕たちが外部の人たちからは見えないところでどれだけ多くの作業に取り組んできたかが分かると思う。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。特に先週は頑張ったよ。


 この前進をもたらしたものは何なのかを正確に理解するためにデータを詳しくチェックして、来週もこのパフォーマンスを再現したい。

2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第8戦シュタイアーマルクGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=6位
 とてもいいレースをしたと思う。チームにとっていい結果を出せたよね。最初から最後までずっとペースが良かった。


 ファーストスティントをとても長くとって、前に誰もいなくなった時間帯を最大限に活用して、中団のほぼ全員をオーバーカットすることができた。


 ピットストップはとてもうまくいって、おかげで5番手を狙うチャンスが出てきた。ハードタイヤでのペースがとてもよかったんだ。残念ながら、(ルイス・)ハミルトンからラップされた後、また前に出るのにかなりの周回を使ってしまった。彼の後ろを走っている時に、フロントタイヤを傷める結果になった。その後、前が空いた時には、(ランド・)ノリスに追いつけるだけの時間が残されていなかった。


 明日からオーストリアでの2戦目に向けて作業を始める。改善できるチャンスはあるから、またいい結果を出すために全力を尽くす。



(autosport web)




レース

9/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/25(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜22:00
9/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
第19戦メキシコGP 10/31
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号