F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「他とは違う戦略でダブル入賞。レースペースが強力だった」アストンマーティン/F1第7戦決勝

2021年6月21日

 2021年F1フランスGP決勝で、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは9位、ランス・ストロールは10位を獲得した。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=9位
 今日は、(ピットストップを遅らせるといった)他とは違う戦略を取る必要があった。それがとてもうまくいって、2台揃ってポイント圏内でフィニッシュできた。


 残念ながら第1スティントでコースをはずれて、タイムをだいぶ失ってしまった。少しプッシュしすぎたんだ。あれがなければ、最後には新しいタイヤを履いていたし、前の集団にもっと近づけただろう。だから物事が完璧に進んでいたら、もう少し上の順位でフィニッシュできたかもしれない。


 とても風が強いコンディションだったので、一貫した走りをするのが簡単ではなかった。風を予測するのが難しかったからね。それでも僕たちは状況を最大限に活用したし、チーム全体が強力なパフォーマンスを発揮し、競争力のあるレースペースで走れた。

2021年F1第7戦フランスGP ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第7戦フランスGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=10位
 マシンの感触が良くて、今日は良いペースを引き出すことができた。ポール・リカールは通常はオーバーテイクがあまり見られないサーキットだけれど、僕はコース上で何度も他のマシンを追い越した。


 周回ごとに風の状態が変わるので、コンディションは少々トリッキーだったし、誰もがそうだったと思うが、デグラデーションがひどかったね。レースの終盤、多くのドライバーがグリップに苦しんでいたため、僕たちはアドバンテージを得て10位でフィニッシュすることができた。


 自分たちの力で勝ち取った結果であり、優れた戦略が役に立ったことは間違いない。2台がポイント圏内に入れたことはまずまずの成果だよ。特に僕は19番手からスタートしたわけだしね。


 レースペースは進歩しているが、これからも安定してポイントを獲得できるよう、土曜日のペースを上げる必要がある。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号