F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリが今季初の無得点「3周でタイヤのパフォーマンスが低下した」とルクレール/F1第7戦

2021年6月21日

 2021年F1フランスGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは16位、カルロス・サインツは11位だった。ルクレールは7番グリッドから2回ストップ、サインツは5番グリッドから1回ストップで走った。


 フェラーリにとって今季初めてのノーポイントで、2台とも主に左フロントタイヤのデグラデーションに苦しめられたとチームは述べている。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=16位
 本当に難しいレースだった。カルロスも僕も、今日使ったふたつのコンパウンド(ミディアムとハード)両方で苦しんだ。


 終盤、状況を好転させるためにやれることはないかと、もう1回ピットストップをして、ミディアムタイヤに履き替えた。でも、ファーストスティントと同じことが起きた。最初は問題ないが、3周か4周走るとひどいデグラデーションが起きるんだ。


 これは大きな弱点だから、問題をしっかり理解し、改善することに集中しなければならない。

2021年F1第7戦フランスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第7戦フランスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=11位
 今日は間違いなくパフォーマンスが悪く、ペースが不足していた。かなり序盤の段階からデグラデーションにとても苦しみ、それが最初から最後まで続いた。違うコンパウンドでも問題は変わらなかった。


 全力を尽くしたにもかかわらず、最初のポジションを維持することはできなかった。何が起きたのかを分析し、問題を理解し、対処する必要がある。僕たちのチームならそれができる。オーストリアでの2連戦で挽回できるはずだ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号