F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【タイム結果】F1ベルギーGP FP3/バンドーンがクラッシュ。トップタイムはベッテルがマーク

2018年8月25日

 2018年F1第13戦ベルギーGPのフリー走行3回目が8月25日(土)に開催され、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。


 現地時間12時からのFP3は気温は12度、路面温度は19度、ドライコンディションでスタートした。


 序盤、マクラーレンの2台が精力的に走行を重ねる。フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンはポジションを入れ替えながら、予選シミュレーションを行う。お互いのスリップストリームを利用しながら、バンドーンが1分47秒163、アロンソが1分46秒942を記録した。


 開始10分、フェラーリの2台がスーパーソフトタイヤでタイム計測を行う。スパ・フランコルシャンを得意とするキミ・ライコネンが1分43秒425でトップに立つ。


 開始20分、ルイス・ハミルトンがソフトタイヤでタイムを記録。ライコネンから0.098秒差の2番手につけた。


 セッション後半、ベッテルが2本目のスーパーソフトタイヤを投入しタイムアタックし、1分42秒767で2番手につける。続けてハミルトンがアタックし3番手タイムをマーク。上位3台のタイム差はわずか0.064秒となる。


 残り16分、ベッテルが2回目のアタックでライコネンを0.063秒上回りトップに浮上。フェラーリが1-2体制を築いた。


 セッション残り10分、ケメルストレートでバルテリ・ボッタスとバンドーンが交錯。行き場を失ったバンドーンはグラベルへはみ出しスピン、ガードレールに接触しマシンを止めた。セッションは赤旗中断となる。このアクシデントについては、セッション終了後に審議が行われることとなった。


 セッションは残り2分を残して再開。多くのクルマがコースインしていくなか、ピエール・ガスリーがピット出口でスピンを喫した。しかしガスリーは問題なく走行を続けている。


 そのままタイムを更新するドライバーは現れずセッション終了。フェラーリのベッテルがトップ、2番手にライコネンとなる。3番手にハミルトン、4番手にボッタスがつけた。


 トロロッソ・ホンダのガスリーは15番手、ブレンドン・ハートレーは16番手となっている。


■2018年F1第13戦ベルギーGPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
15S.ベッテルフェラーリ1’42.66113
27K.ライコネンフェラーリ1’42.72415
344L.ハミルトンメルセデス1’42.79810
477V.ボッタスメルセデス1’43.46413
533M.フェルスタッペンレッドブル1’44.04810
63D.リカルドレッドブル1’44.47913
716C.ルクレールザウバー1’44.96312
811S.ペレスフォース・インディア1’45.34110
927N.ヒュルケンベルグルノー1’45.46417
1031E.オコンフォース・インディア1’45.48513
119M.エリクソンザウバー1’45.53611
128R.グロージャンハース1’45.81412
1355C.サインツJr.ルノー1’45.92513
1420K.マグヌッセンハース1’46.08712
1510P.ガスリートロロッソ1’46.18216
1628B.ハートレートロロッソ1’46.25917
1718L.ストロールウイリアムズ1’46.50210
1835S.シロトキンウイリアムズ1’46.63011
1914F.アロンソマクラーレン1’46.94216
202S.バンドーンマクラーレン1’47.06114


(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号