F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスとフェラーリ、ともにベルギーでパワーユニットをアップグレードへ。降格ペナルティが発生する可能性も

2018年8月24日

 2018年F1ベルギーGPで、タイトルを争うメルセデスとフェラーリがともにパワーユニット/エンジンのアップグレードを行う見込みであることが分かった。


 両チームはそれぞれスパ・フランコルシャンに最新仕様のパワーユニットを持ち込んでいる。メルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、アップグレード版を使用する見通しであると認めた。


「当然のことながら、すべてのアップグレードとそれを入れる機会はとても重要だ」とハミルトンが述べたとCrash.netが伝えた。


「ここからの2連戦(のベルギーとイタリア)はパワーサーキットで開催される。今週末、彼らは新しいパワーユニットを持ち込んでいるし、僕らも新しいパワーユニットを持ち込んでいる。それぞれどういったパフォーマンスを発揮するのか興味深いね。もちろん僕は自分たちのパワーユニットに自信を持っている」


 ベッテルも今回フェラーリが新しいパワーユニットを持ち込んでいることを、木曜に認めている。

■ボッタスとライコネンにはグリッド降格の可能性

 ハミルトンとベッテルは、今週末、新しいパワーユニットを投入しても規則で決められた基数内に収まるが、メルセデスのバルテリ・ボッタスは、エレメントが制限基数を超えてしまい、自動的にグリッド降格ペナルティを受けることになる。フェラーリのキミ・ライコネンも、交換するエレメントによっては、ペナルティの対象になり、そのため、ふたりのパワーユニット交換には特に慎重な検討を要することになる。

2018年F1ベルギーGP木曜 サマーブレイクをはさんで再会、笑顔であいさつをかわすベッテルとボッタス

「明日(金曜)の朝、僕らがどのエンジンでスタートを切るのかが、はっきりするだろう。その上で、状況を見ていく」とボッタス。


「新しいエンジンを搭載する場合、僕はペナルティを受けることになる。それでもスパはオーバーテイクが可能だから、(パワーユニット交換に)適した場所といえるだろう」


 他にパワーユニット交換を行うものとみられているのはルノーのニコ・ヒュルケンベルグで、その場合、すでに各エレメントが制限基数に達しているヒュルケンベルグは、グリッド降格ペナルティを科され、最後方からのスタートを強いられることになる。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号