F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

新規エントリーのレーシング・ポイント・フォース・インディアに対し、プライズマネーの引き継ぎが許可。全ライバルF1チームが合意

2018年8月25日

 2018年F1ベルギーGPで新しいスタートを切ったレーシング・ポイント・フォース・インディアF1チームは、新規チームとしてエントリーしたことで、シーズン前半戦に獲得したポイントは無効とされたものの、プライズマネーの一部は引き継ぐことが可能となった。


 資金不足に苦しんできたフォース・インディアの親会社は、ハンガリーGPの週末に破産申請を行い、管財人の管理下に置かれていたが、その後、カナダの富豪ローレンス・ストロール率いる投資家コンソーシアムが買収することが決定。しかし譲渡の手続きがスムーズに進まなかったことで、ベルギーGPへの参戦が危ぶまれていた。


 しかしストロール率いるレーシング・ポイントUK社に対して事業と資産の売却手続きが終了したとして、FIAは、チームが“レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チーム”としてベルギーGPからエントリーすることを承認した。これによりこれまでの“サハラ・フォース・インディアF1チーム”は2018年F1シーズンから除外され、これまで獲得したポイントは無効となった。


 一方で、“サハラ・フォース・インディアF1チーム”が受け取る権利を有していたプライズマネーが有効になるには、他の9チームすべての合意が必要だった。これについては以前、マクラーレンとウイリアムズが反対していたと伝えられていたものの、最終的には同意したことが分かった。


 引き継がれるものは“コラム1”と言われる、過去3シーズンのうち2回コンストラクターズ選手権でトップ10に入ったチームに平等に与えられるプライズマネーであり、ポイントに応じて獲得できる分配金については、ベルギー以降のもののみ有効になるようだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号