F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ベルギーGP FP2:初日トップタイムはライコネン、トロロッソ・ホンダ勢は15、17番手

2018年8月25日

 F1第13戦ベルギーGPの金曜フリー走行2回目は、フェラーリのキミ・ライコネンがトップタイムをマークした。


 午後になってもサーキット上空は低い雲が垂れ込めているが、降水確率は10%。路面が濡れるほどの雨は来そうにない。午後3時からのFP2は、気温17℃、路面温度28℃のコンディションで始まった。1回目のセッションをほとんど走れなかったダニエル・リカルド(レッドブル)が、最初から積極的に周回を重ねる。


 ほぼ同時に出ていったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、まずはミディアムタイヤでトップタイムを出す。しかしすぐにソフトタイヤを履いたライコネンが、チームメイトを1秒7しのぐタイムでトップに立った。ベッテルも自己ベストを更新し、コンマ6秒差まで迫っている。


 リカルドは3番手に付けたが、遅れてコースインしたメルセデスの2台があっさり抜き去って行く。ルイス・ハミルトンはミディアムながら、ライコネンに0.03秒差をつけてトップに立った。同じミディアムで、ベッテルはハミルトンにコンマ65秒の後れを取っている。一方バルテリ・ボッタスとライコネンは同じソフトで、コンマ3秒ライコネンが速い。


 上位4台を皮切りに、各車が次々にスーパーソフトタイヤに履き替えて行く。ライコネンが1分43秒355で、トップを奪い返す。ハミルトンは0.168秒及ばず2番手。ボッタス、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続き、ベッテルはチームメイトから0.774秒落ちの5番手だった。中団勢では、マーカス・エリクソン、シャルル・ルクレールが9、10番手に入りザウバー勢の健闘が光った。


 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはソフトではトップ10前後の速さを見せたものの、スーパーソフトでは伸びず、15番手。ブレンドン・ハートレーも、17番手に終わった。


 マクラーレンは午前中に続いて苦戦した。トップから4秒の大差を付けられ、「とても運転できる状態ではない」と訴えるストフェル・バンドーンに、ピットから「フロアを交換する」と、ピットインの指示が飛ぶ。


 ランド・ノリスに代わってステアリングを握ったフェルナンド・アロンソも、なかなか速さを見せられず。バンドーンはこのセッションも最下位。アロンソも16番手が精いっぱいだった。



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号