F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス、F1日本GPでのアップデートとセッティング変更でパフォーマンスが改善

2017年10月16日

 バルテリ・ボッタスは、F1日本GPでパフォーマンスが向上したのは、セッティングの変更によってマシンを適切な作動領域に入れることができたからだと考えている。


 今季のメルセデスは『W08』の一貫性に欠けるパフォーマンスに悩まされており、シーズン序盤は特定の状況下において、ライバルのフェラーリに遅れを取っていた。メルセデスのマシンは低い気温を好むため、そのポテンシャルを発揮するためにはタイヤの温度を低く保つ必要があったのだ。


 ルイス・ハミルトンは不安定なマシンのパフォーマンスに上手く順応したものの、チームメイトであるボッタスは、最近でも性能を最大限に引き出すことに苦労していた。


 しかし、日本GPでの空力アップデートとセッティングの調整により、ボッタスはパフォーマンスの方向性を正すことができたという。


「僕らは新たにアップデートされたパッケージと、まったく異なるセッティングで日本GPに挑んだ。マシンの作動領域はとても狭いけれど、うまく機能させることができたと思うよ」


「マレーシアGPでは古いパッケージだけでなく、特に新しいパッケージでも正しいセッティングができていなかったんだ」


「マシンを、より良く動作させられるようになった。主に空力バランスに関係することや、パッケージの性能を引き出すのに必要な何かを学べた」


「気温の低さやサーキットのタイプ、それにアスファルトのタイプなども違いを生む要因になる。自分たちにはまだ多くの弱点があると分かっているけれど、全体的には強さのあるシーズンを過ごしているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号