F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:前戦USGPで「もうリタイアしたいよ」と愚痴るグロージャンをチーム代表が一喝

2017年10月28日

 「国籍は一応スイスとフランスだけど、あの文句が止まらない性格は絶対にフランスですよ」と、ハースの小松礼雄チーフエンジニアがいうのは、同チームのロマン・グロージャンである。 


 すでに10年近い付き合いで、公私共に仲のいい二人だが、コース上での言いたい放題に対しては、かなり強い言葉でたしなめてきたという。それもあって最近は比較的収まってきていたのが、前戦アメリカGP終盤で久々にやらかしてしまった。


 終盤、タイヤを使い切ってずるずると順位を落として行く状況の中、「もうリタイアしたいよ〜」と泣きが入ったのだ。すると担当エンジニアを飛び越して、ギュンター・シュタイナー代表が「黙れ!」と一喝。


 しかしそんなことでメゲるグロージャンではない。
「あんたは命かけてないから、そんなことが言えるんだよ。もうタイヤが全然残ってないんだぜ」と反論。


 あまりにかわいそうだと思ったのか、担当エンジニアが「OK、リタイアしよう。ボックス、ボックス」と指示を出した。


 ところがそんなやり取りの間に、レースは最終周を迎えていた。そこでエンジニアは、「実はもう最終周なんだ。そのまま走り続けようよ」と、あやすような口調で指示を出した。


 するとグロージャンは、「そうなんだ。わかった。そんなに言うんなら、チェッカー受けることにする」と機嫌を直し、完走を果たしたのだった。


 わがままな子供と怒るだけの父親、それをとりなす母親のような、呆れるような無線交信。しかし彼らにとっては幸いなことに、マックス・フェルスタッペンの表彰台取り消しペナルティのおかげで、この件はほとんど話題に上らずに済んでいた。


 ところがレース明けにFIA公式サイトが、このやり取りをビデオで全部公開してしまったのだ。


 メキシコGPのパドックでそれについて訊かれたグロージャンは、「ギュンターとはあのあとしっかり話し合って、もう二度とあんなことは言わないということでお互いに納得した」と言う。


 しかしこのビデオには、ひどくショックを受けたという。
「その前の30周、いろんなことが起きていた。それを全部端折って、あの部分だけ強調するのはちょっとひどいよ」


 今年から特にエンターテイメント性を重視するようになったF1。グロージャンはその格好の餌食にされてしまった、ということかもしれない。

2017年F1第18戦メキシコGP フリー走行2回目でスピンを喫したロマン・グロージャン



(Kunio Shibata)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 19:00〜20:00
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号