F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

セットアップで躓いたメルセデス、ハミルトンが初日17番手「シングルラップもロングランも課題あり」/F1第15戦

2023年9月2日

 2023年F1イタリアGPの金曜、メルセデスのルイス・ハミルトンはフリー走行1=8番手/2=17番手、ジョージ・ラッセルはフリー走行1=5番手/2=9番手だった。


 FIAは、FP1開始後、メルセデスが、ラッセルのパワーユニットに、新しいICE、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-Kを、ギヤボックスに新しいギヤボックスケースおよびカセット(GBX C & C)、ギヤボックスドライブライン、ギヤチェンジコンポーネントおよび補助コンポーネント(GBX DL)を入れたことを発表した。シーズン中に使用が許される基数内であるため、ペナルティは受けない。


 チームは、一日を振り返り、特にFP2で苦労して「すべてのタイヤコンパウンドにおいてパフォーマンスをまだ見つけられていない」と述べている。トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは「シングルラップもロングランも改善が必要」と語った。


 今週末、ATA(代替的なタイヤ配分)フォーマットが採用されていることから、FP1でふたりはそれぞれハードタイヤ1セットで走り続けた。FP2ではラッセルはミディアムとソフトを使用。ハミルトンは、ラッセルよりも高めのダウンフォースレベルのセットアップで走ったところ、ストレートラインスピードが低いうえに、コーナーで予想されたゲインがなかったという。セッション中にセットアップを修正する時間がなかったため、ハミルトンはソフトタイヤを土曜のために温存し、ミディアムで走り続けた。

2023年F1第15戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2023年F1第15戦イタリアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
フリー走行1=8番手(1分23秒269:ハードタイヤ/26周)/2=17番手(1分22秒783:ミディアムタイヤ/23周)


 比較的に普通の金曜日のプログラムに取り組んだ。信頼性は高かったし、さまざまなテストを行い、必要な仕事を完了した。今日の作業から学ぶことはたくさんある。土曜日に向けて改善するために、今夜作業に取り組まなければならない。いつもそうしているようにね。


 明日はもっと速くなるように、セットアップとマシンバランスの改善を目指す。今夜チームが素晴らしい仕事をしてくれることは分かっている。


(走行後に『Sky Sports』に対して語り)いつもの金曜日と同じだ。FP1ではとても良い状態で、マシンに満足していても、変更を加えてFP2に入ると、なぜか分からないけど、マシンが難しい状態になってしまう。データをチェックするしかない。今夜のうちに修正できると思っているけどね。


(予選で)トップ10に入りたい。Q3に進めればうれしいけれど、そこからどこまで行けるかは分からない。今のペースのままなら、Q3に進むのにどれだけ苦労するか、そこははっきり分からないが、とにかく今夜頑張るよ。目指すところにたどりつけるよう祈っている。

2023年F1第15戦イタリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデスW14)
2023年F1第15戦イタリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデスW14)


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
フリー走行1=5番手(1分23秒189:ハードタイヤ/28周)/2=9番手(1分22秒176:ソフトタイヤ/20周)


 モンツァに戻って来て、ハイスピードでローダウンフォースのマシンを走らせることができて最高の気分だ。先週のザントフォールトとは特性がかなり異なっていて、それに適応するのは楽しいよ。


 マシンのフィーリングは概ねいい感じだったが、ソフトタイヤでの走行に関してはもう少し改善させる必要がある。燃料を多く積んだ状態でのペースはかなり力強かったので、明日は予選に向けてもっとスピードを見つけることに集中していく。

2023年F1第15戦イタリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデスW14)
2023年F1第15戦イタリアGP ジョージ・ラッセル(メルセデスW14)



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号