F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、見えない努力で手繰り寄せた今季2勝目「今日の走りを誇りに思う」ペナルティに備え終盤は猛プッシュ/F1第17戦

2022年10月3日

 2022年F1シンガポールGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは今季2回目、キャリア4回目の勝利を飾った。


 2番グリッドからスタートでトップに立ち、全ラップをリードして優勝。セーフティカー出動時に、10車身以内の距離を保たなければならないという規則を2度にわたって破ったと判断され、レース後に、ひとつめの違反には戒告処分(ドライビング)、ふたつめの違反には5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。しかし2位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に7.595秒のギャップを築いていたため、ペレスは勝利を維持することができた。

2022年F1第17戦シンガポールGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝
2022年F1第17戦シンガポールGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=1位
2番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム


 自分にとってもチームにとっても喜ばしい勝利だ。僕にとって大きな意味を持つ結果だよ。この2戦、表彰台に上れずにいたが、外部の人からは見えないところで懸命に取り組みを続け、大きな動きをしていた。今日のパフォーマンスを心から誇りに思う。


 心理的に厳しいレースで、最初から最後まで常に気を引き締めていなければならなかった。ものすごくトリッキーなコンディションだった。こういうコンディションで走ることがどれだけ難しいか、人々は過小評価している。最終セクターを抜けるのは本当に大変だった。


 セーフティカーに関してミスコミュニケーションがあったと思う。彼(セーフティカーのドライバー)は僕がついていけない場所で速く、僕が速く走れる場所で遅かった。ウエットの路面をスリックで走り、タイヤの温度を保とうとしていた。それは簡単なことではない。審議対象になったと言われて、シャルルとのギャップをできる限り拡大するために、最後の15周を予選ラップのようにプッシュした。

2022年F1第17戦シンガポールGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第17戦シンガポールGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP