F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

“戦略ミス”を嘆くガスリー「早期のタイヤ交換で順位を落とした」アルファタウリはランキング7位争いで後退

2022年10月3日

 2022年F1シンガポールGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、レースの大半で7番手を走行していたが、最終的に10位でフィニッシュした。コンストラクターズ選手権7位を争っているライバル、アストンマーティンが2台で12点を稼いで、ランキング9位から7位に浮上、アルファタウリは8位から9位に落ちる結果になった(現在8位のハースとは同ポイント)。


 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、ドライタイヤにスイッチすると決めたタイミングが早すぎたために、ポジションを落とすことになり、大量にポイントを稼ぐチャンスを生かせなかった、と述べている。

2022年F1第17戦シンガポールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
2022年F1第17戦シンガポールGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ)

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=10位
7番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム


 今日のリザルトにはとてもがっかりしている。これは僕たちが本来得るべき結果ではない。素晴らしいレースをしていて、ランド(・ノリス/マクラーレン)の後ろ、アストンマーティン2台の前を走っていた。でも、大きなリスクを犯して、早い段階でタイヤ交換を行ったことで、いくつかポジションを落としてしまった。


 この決定をどうして下したのか、僕にはよく理解できない。すべてを見直して、このミスから学ぶ必要がある。


 今日は大量のポイントを獲得できるチャンスがあっただけに、それができなかったことはかなりの痛手だ。コンストラクターズ選手権の順位を上げる大きなチャンスだったのに、そのチャンスをつかまなかったんだ。



(autosport web)




レース

5/17(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/18(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/19(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン136
2位セルジオ・ペレス103
3位シャルル・ルクレール98
4位ランド・ノリス83
5位カルロス・サインツ83
6位オスカー・ピアストリ41
7位ジョージ・ラッセル37
8位フェルナンド・アロンソ33
9位ルイス・ハミルトン27
10位角田裕毅14

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング239
2位スクーデリア・フェラーリ187
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム124
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム64
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム42
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム19
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP