F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1フランスGPをニースで開催する可能性に言及したドメニカリCEO。モナコGP開催契約へのプレッシャーに

2022年6月25日

 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリがフランスのメディアに対し、将来フランスGPはニースでストリートレースとして行われる可能性があると述べたため、かなりの騒動になった。


 ドメニカリの発言は、主にモナコ自動車クラブ(ACM)にプレッシャーをかけるためだと考えられている。ドメニカリは現在、ニースから約20kmのモンテカルロでのモナコGPに向けた新契約について、交渉を行っているところだ。華やかなモナコGPは常に特別なケースで、開催権料は低く抑えられ、ホスピタリティとコースの広告には特別な配慮がなされてきた。


 ACMの契約は今年のレース後に終了しており、今後F1はより“現代的な”契約の締結を求めている。開催権料を値上げし、ホスピタリティとコース上の広告を、他のグランプリプロモーターと同条件にするということだ。たった20kmしか離れていない場所でのストリートレースの代替案を持つことは、ドメニカリの交渉の役に立つだろう。

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第7戦モナコGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 ニースの新しいコースがどこに設置されるのかについての発言はなかったが、有名な海岸沿いのプロムナード・デ・ザングレは、メインストレートとして人気が出るだろう。当然ながら、このエリアにピットとパドックを置くスペースが見つかればの話だが。より現実的な選択肢は、市内中心部の西にある、アリアンツ・リビエラ・サッカースタジアム周辺のエリアだろう。


 実はニースには、同市出身のF1ドライバーであるジャン・ベーラとジュール・ビアンキの名前がついたふたつの通りがある。


 フランスGPをニースで開催するというアイデアが生まれたのは、ポールリカール・サーキットでのレース開催が実行可能な選択肢とは言えないことが明らかになってからのことだった。アクセスが不便であり、観客収容人数が少ないことから、ポール・リカールでのF1の将来には大きな疑問が投げかけられている。興味深いことに、ポール・リカールでのフランスGPの背後にいる関係者のひとりは、現在のニース市長であるクリスチャン・エストロシだ。



(Grandprix.com)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号