F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1ニューウェイ「これほど激しいライバル関係は記憶にない」メルセデスとの政治的な攻防を“戦争”に例える

2021年8月11日

 レッドブル・レーシングのチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイは、メルセデスがレッドブルに関して行う政治的動き、ロビー活動は、いまだ経験したことがないほど激しいものであり、逆にレッドブルも攻撃のチャンスを常に狙っていると語り、両者のコース外での戦いは熾烈をきわめていると明かした。


 2021年F1では7年連続王者であるメルセデスとレッドブル・ホンダがタイトルをめぐり、接戦を繰り広げており、そのなかで両者は相手をつまずかせる機会をうかがっている。6月からフレキシブル・リヤウイングへの取り締まり強化が決まり、他数チームとともにレッドブルはウイング変更を行うことを強いられた。またメルセデスとレッドブルが互いのエンジンへの監視を強めていることも明らかになっている。


 レッドブルのポッドキャストにおいて、ニューウェイは、「トップチームは自分の主要なライバルの動向にしか興味がない。後方のチームがが何をしているかについては特に心配しないものだ」と語った。


「我々がライバルチームたちから厳しく監視されているのは、さまざまな面において賛辞の表れといっていいだろう」


「過去にも同じような経験はある。だが、自分たちのマシンに関し、舞台裏でこれほどのレベルの政治的動き、ロビー活動を受けた時期があったという記憶はない」


「かつてフェラーリとタイトル争いをしていたころ、ボディワークの柔軟性など、いくつかの争いが起きた」


「だが、今年はその頻度と激しさが際立っている」

2021年F1第10戦イギリスGP スタート直後のルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP スタート直後のルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 ニューウェイはリヤウイングの件に触れ、「その問題を抱えていたのは我々だけではなかった。だがメルセデスが騒ぎ始めた時、彼らが心配していたのは、もちろんアルファロメオのことではなかった」と語った。


「彼らは、我々が(そのウイングによって)アドバンテージを得ているかどうか、そのことだけを心配していた。実際に我々はアドバンテージは得ていなかったが、パーツを変更するためのコストがかかった」


「当然のことながら、我々の方もメルセデスがしていることを注意深く観察し、彼らがしていることで攻撃の対象にできそうなことがあるかどうかを見ていく」


「私は、戦争に例えることは好きではないが、それが妥当な例えだといえるだろう」


「戦争においては、戦う上で自分のポジションを向上させるために、あらゆる側面を検討するものだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号