F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「2022年のF1昇格が目標」ザウバー育成プルシェール、アルファロメオでF1初テスト

2021年8月9日

 ザウバー・アカデミーの一員で、2021年にARTからFIA-F2選手権に参戦しているテオ・プルシェールが、アルファロメオF1チームのサポートのもとで、初めてF1マシンで走行する機会を得た。


 F1第11戦ハンガリーGP後の水曜、アルファロメオはハンガロリンクでプライベートテストを実施、プルシェールにF1カー走行を体験させた。この週の火曜と水曜に同サーキットでは、ピレリが18インチタイヤのテストを行っていた。


 プルシェールはフランス出身現在17歳のドライバーで、ザウバーのドライバー育成プログラムのメンバー。今季F2ではモナコでポールポジションを獲得、フィーチャーレースで優勝を挙げ、最年少記録を作った。今年ここまでの12回のレースのうち10回をトップ10以内でフィニッシュ、現在ランキング6位に位置している。

2021年FIA-F2モナコ戦で優勝したテオ・プルシェール(ART)
2021年FIA-F2モナコ戦で優勝したテオ・プルシェール(ART)

 2019年仕様のアルファロメオC38で走行したプルシェールについて、アルファロメオは「彼はセッションのなかでプログラムすべてを完了した。いい仕事を成し遂げて、完璧な形で休暇に入ることができる」とコメントした。


 プルシェール自身は、「夢が叶った。生まれて初めてF1カーを運転したんだ」とSNSを通して語っている。
「子どものころから夢見てきたことだ。この素晴らしい経験と忘れられない一日を与えてくれたアルファロメオチームの全員に感謝したい」


『L’Equipe』によると、プルシェールはこの日、F1スーパーライセンス申請の条件のひとつをクリアするため、C38で300km以上を走りこんだということだ。プルシェールは8月20日には18歳になるため、年齢上、2022年にF1にデビューすることが可能だ。


 プルシェールは「もちろん来年、F1に行きたい。でも今はF2に完全に集中している」と『L’Equipe』に対してコメントした。


「ザウバーが僕にとって最善の選択をしてくれるものと、彼らを信頼している。彼らは僕を強力にサポートしてくれていて、常に『F2でのリザルトがF1に昇格する助けになる』と言っている。F2シーズンを最高の形で終えるために集中していくよ。ランキングトップ3以内に入れれば理想的だ」


「(アルファロメオ代表)フレデリック・バスールと(チームマネージャーの)ビート・ゼンダーは、僕のパフォーマンスを細かく分析していて、僕の力を正確に把握している。今はランキング6位だけれど、事情があってのことだということを彼らは分かっているんだ」

テオ・プルシェールがアルファロメオでF1初テスト
テオ・プルシェールがアルファロメオでF1初テスト



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号