F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、スペインGPに“真の2018年型マシン”を投入。最大の弱点の解決図れるか

2018年4月20日

 マクラーレンF1チームは第5戦スペインGPでMCL33の大型アップグレードを導入するプランを立てており、これによってパフォーマンスが劇的に向上するかどうかが注目されている。


 パワーユニットをホンダからルノーに変更したマクラーレンは、今後、3強に挑み、トップグループに加わっていくことを目指していく。しかし今年のプレシーズンテストで信頼性のトラブルが相次いだために準備が遅れ、開幕戦では本来持ち込むはずのパッケージを走らせることができなかった。


「真の2018年型マシンはスペインGPで投入する。このマシンは我々の目標を達成する力を持っているはずだ」とレーシングディレクターのエリック・ブーリエが語ったとSpeed Weekが伝えた。


「理想的には、このマシンをオーストラリアGPで導入するべきだった。だがそれは不可能だったので、ここまでは2017年型マシンの進化型を走らせてきたようなものだ」


「たくさんのパーツの準備が進行中だ。これらをバルセロナに持ち込むことになるだろう。その段階でパフォーマンス上の自分たちの位置について見てみたい」


 シーズン序盤3戦ではマクラーレンにはトップ3に挑める力はなく、フェルナンド・アロンソは今のマシンについて「ストレートで遅すぎる」と認めている。


 マクラーレンのマシンはドラッグが非常に大きいという問題点を抱えているものとみられている。
 ダウンフォースを向上させるとドラッグが増え、それによってストレートで遅くなってしまう。そのため、ダウンフォースとドラッグの最適なバランスを見つける必要があるが、今のマクラーレンのマシンではそれができていないものと考えられている。


「それも問題のひとつではあるが、それだけが問題というわけではない」とブーリエはBBCに対して語った。


「ドラッグだけの問題であれば、修正するのは簡単だ。だが我々はマシンのすべての面に取り組み、目指す位置へと持っていかなければならない」


 BBCのF1担当チーフライターのアンドリュー・ベンソンは、スペインGPでのアップグレードパッケージでこの問題に大きな改善が見られなければ、その時点で改めて分析を行い、新しい空力パーツを製作しなければならないため、解決にはさらに数カ月を要することになると予想している。



(AUTOSPORTweb)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号