F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル3位「ミスしてルイスに抜かれなければ優勝を狙えた」ハミルトン4位「ワーストレース。一から出直す」F1カナダGP

2024年6月10日

 2024年F1カナダGP決勝で、メルセデスのジョージ・ラッセルは3位、ルイス・ハミルトンは4位だった。


 ラッセルはポールポジションからファーストスティントの終盤までレースをリードするが、21周目にランド・ノリス(マクラーレン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に抜かれて3番手に落ちた。1回目のセーフティカー出動の際にピットインし、トップのノリスがピットストップのタイミングにより後退したことで、ラッセルは2番手に浮上。しかし、インターミディエイトからドライタイヤへの交換を済ませた直後、ラッセルはノリスに抜かれ、オスカー・ピアストリ(マクラーレン)との3番手争いになった。


 終盤のセーフティカー時にメルセデスは上位勢では唯一タイヤ交換を行うことを決め、ラッセルはピアストリの後ろ4番手に。バトルのなかで軽い接触があり、ワイドになったラッセルは、後ろにいたハミルトンに抜かれて一時5番手に落ちたが、終盤に、ピアストリとハミルトンをかわして、3位でフィニッシュ、今季初表彰台を獲得した。


 ハミルトンはファーストスティントはフェルナンド・アロンソ(アストンンマーティン)の1秒以内を走り続けるが抜くことができず、最初のピットストップで前に出ることに成功。終盤、チームメイトとピアストリを抜いて3番手に。しかし残り3周のところでラッセルに抜き返されて、4位となり、表彰台には届かなかった。ハミルトンは最終ラップに全体のファステストラップを記録した。


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=3位(70周/70周)
1番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ハード→ミディアム

ジョージ・ラッセル(メルセデス)が3位獲得
2024年F1第9戦カナダGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)が3位獲得


 今日は自分にがっかりしている。あまりにも多くのミスを犯し、それにより後退し、優勝のチャンスを失ったんだ。でも、限界までプッシュしていたのは確かだ。それに、3位でがっかりしていると言えるのは良いことだよ。


 この数戦、小さな前進を積み重ねてきて、カナダでポールポジションと表彰台をつかむことができたのは、本当に励みになる。


 僕たちのマシンは、今週末を通して、コース上で最速のひとつだった。つまり進歩したのは間違いない。だから今回、ポジティブな要素をたくさん見つけることができたといえるだろう。


 今日のコンディションは本当に難しかった。タイヤをラインから1ミリでも外すと、大変なことになるんだ。ついてないことに、僕のミスの影響は大きくて、他のマシンにポジションを奪われた。他のドライバーたちもミスをしていたけれど、それほど大きな代償を払わずに済んでいる。ただ、僕たちはペースが良かったから、挽回して表彰台のポジションまで戻ることができた。


 これからも努力し続け、マシンの開発を進めていく。次のバルセロナが楽しみだ。


(レース後にメディアに対して語り)オスカーをオーバーテイクしようとしている時にミスをした。それによってルイスに抜かれたことで、2位かそれ以上を失ったと思う。あれがなければレース終盤にはマックスと戦うことができたかもしれないんだ。

ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)
2024年F1第9戦カナダGP ジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトン(メルセデス)


■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=4位(70周/70周)
7番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ミディアム→ハード
ファステストラップ 1分14秒856(70周目)

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)のバトル
2024年F1第9戦カナダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)のバトル


 今日はチームとしてたくさんのポイントを稼ぐことができた。今週末はトップに一歩近づいたように感じるので、とても励みになるよ。


 最近のアップデートを導入するために懸命に取り組んでくれたブラックリーとブリックスワースのファクトリーの皆に、心から感謝する。


 僕たちは正しい方向に進んでいる。この進歩を続けるために、努力を重ねていくつもりだ。


 僕自身の話をすると、ベストな週末ではなかった。もっと上のポジションを争えるペースがあったのに、最終的に4位に終わった。


 もっと強くなるために自分が何をすべきかを考える。全体的にミスが多すぎたからね。でも今回のマシンのパフォーマンスはポジティブな要素だと言えるよ。


(レース後にメディアに対して語り)この週末を通して、僕のパフォーマンスはひどかった。昨日(の予選で7番手に終わったこと)は、何か他の要素もあったにしても、大部分は僕自身が原因だ。今日は、たくさんのミスをして、僕にとってワーストレースのひとつだった。


 もちろん、予選でもっと上位を獲得していれば、(決勝も)はるかに上の順位でフィニッシュしていたはずなんだ。でもこれが現実だ。また、一から出直すよ。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第9戦カナダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
7/21(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号