F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヒュルケンベルグ「最初の10周はうまくいったが、路面が乾きそれまでの努力が“巻き戻し”に」:ハース F1第9戦決勝

2024年6月11日

 2024年F1第9戦カナダGPの決勝レースが行われ、ハースのニコ・ヒュルケンベルグは11位、ケビン・マグヌッセンは12位でレースを終えた。


■ニコ・ヒュルケンベルグ(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=11位(70周/70周)
17番グリッド/タイヤ:フルウエット→インターミディエイト→インターミディエイト→ミディアム

ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)
2024年F1第9戦カナダGP ニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)

 ツノダ(裕毅)がスピンした時には、「マジか!」と思いながら反射的に動いた。どうにか避けることはできたけど、ほんの数ミリだったんじゃないかな。衝撃に備えて身構えていたよ。


 最初の10周ほどは本当にうまくいっていた。けれども、そこからは路面が乾き始めて、それまでの努力がすべて「巻き戻し」になった。まあ、そういうシナリオもあることは分かっていたんだ。ミスもなくクリーンなレースだったと思うけど、セーフティカーのタイミングに関してはアンラッキーで、チャンスをつかみ損ねたように感じている。レース後半にスリックに履き替えるのを少し遅らせたのは、あれで良かったと思う。第1セクターはまだコース上にとどまるだけでも難しいほどだったからだ。実際、そこでいくつかポジションを上げられたしね。


 その後はずっとトレイン状態の中で走っていたが、僕のクルマはダウンフォースが強めで、ストレートではカモにされた。DRSを使えないと、ものすごく遅かったんだ。


■ケビン・マグヌッセン(マネーグラム・ハースF1チーム)
決勝=12位(70周/70周)
14番グリッド/タイヤ:フルウエット→インターミディエイト→インターミディエイト→ミディアム→ミディアム

マーク・スレード&ケビン・マグヌッセン(ハース)
2024年F1第9戦カナダGP マーク・スレード&ケビン・マグヌッセン(ハース)

 レース中に訪れた様々なチャンスを、最大限に生かせなかったと感じている。それを結果につなげることもできなかった。その意味ではガッカリしているよ。(レース直後の)現時点ではちょっと記憶が曖昧な部分もあるから、あとでしっかり見直して、どうしてチャンスを生かせなかったのかを解明しておくつもりだ。


 とにかく、チャンスがたくさんあったことは確かなのに、結果としてポイントは獲れなかった。僕のピットストップはひとつがものすごく遅くて、もうひとつは「中くらい」の遅さだった。フルウェットからインターに履き替えるタイミングが早すぎたとも思っている。レース序盤には、何かスゴいことが起きそうな気がしたが、結局は報われなかった。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン265
2位ランド・ノリス189
3位シャルル・ルクレール162
4位カルロス・サインツ154
5位オスカー・ピアストリ149
6位ルイス・ハミルトン125
7位セルジオ・ペレス124
8位ジョージ・ラッセル116
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング389
2位マクラーレン・フォーミュラ1チーム338
3位スクーデリア・フェラーリ322
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム241
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム69
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム33
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号