F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:フリー走行での苦戦を素直に認める「セットアップで自分の考えを押し通したけど……」

2024.04.18

 F1第4戦日本GPで勝利し再び力を示したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。しかし、プラクティスの段階ではセットアップに苦戦していたという。F1スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがフェルスタッペンのレース週末を語る。
--------------------------------------
 鈴鹿を訪れた日本のファンは、強烈な既視感を覚えたに違いない。2022年、2023年と同様に、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンが日本GPを制したからだ。

 オーストラリアではブレーキのトラブルに見舞われ、連勝記録を断ち切られたマックスとレッドブル・レーシングは、鈴鹿で「通常業務」を再開した。バーレーン、サウジアラビアに続いて3度目のワンツーフィニッシュを飾ったのである。だが、通算57勝目をあげたフェルスタッペンにとって、今回は少しばかり勝手が違ったようだ。

 マックスは言う。「鈴鹿へ来てから、プラクティスではいまひとつクルマに満足できなくて、予選の前にセットアップに手を加えた。あくまで照準はレースに合わせながら、予選でもうちょっといい感じになるのを期待してのことだった」

「だから最初の2〜3周は、プラクティスの時とは違うバランスに慣れる必要があった。でも、それからクルマはどんどん良くなっていって、最終的にはレースを思うがままにエンジョイできたんだ。僕らにとっては最高の結果だった」

 彼としては、これでひと安心というところだろうか。「安心とは言えないね。メルボルンでの出来事は、ちょっとした不運なトラブルだった。そして、基本的に一点モノのレースカーでは、ああいったことがいつ起きても不思議ではない。いつでも万事順調なのが当たり前と思ってはいけないんだ。とはいえ、このクルマに鈴鹿で勝てる力があることは分かっていたし、こうしてそれを実証できた」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP