F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

意図的にDRSを使わせるメルセデスの作戦に気づいたサインツ「マシンの中で笑った」/F1日本GP

2023年9月26日

 フェラーリのカルロス・サインツは、自身が第16戦シンガポールGPでメルセデスのルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルからポジションを守るために行ったDRS作戦を、第17戦日本GPでメルセデスが行おうとしたのを見て「マシンのなかで笑った」と述べている。


 サインツは日本GPのレース終盤にメルセデスのふたりに追いついたが、その時点でラッセルは5番手、ハミルトンは6番手を走行していた。1ストップ戦略を選択したラッセルのタイヤははるかに傷んでおり、メルセデスはドライバーたちの順位を入れ替えることを余儀なくされた。


 その後ラッセルはサインツをかわすために、DRSを使わせるようハミルトンに要求した。サインツはこの策略に気づき、チームに「彼らは僕の作戦を僕に対して使っているよ!」と伝えた。


 だがラッセルがタイヤにハンデを抱えていたことから、サインツは一気に彼を抜き去った。サインツはその状況を面白がっていたことを認めた。


「実際に面白いと思ったよ」とサインツは語った。


「僕はマシンのなかで笑っていた。ジョージがDRSを使えるようにルイスが130Rのところで減速したのが見えたからね」


「僕の方は、シケインに入るところで確実にジョージをアタックする必要があった。彼に対処しなければ、彼らを追い抜くのは不可能だ。シケインに深く入り、なんとか少しスイッチバックしてDRSを使った。すべてのスリップストリームを使って彼を追い抜いた。とても楽しかったよ。自分の作戦で自分の順位を失うところだったけれどね」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)&カルロス・サインツ(フェラーリ)
2023年F1第17戦日本GP ジョージ・ラッセル(メルセデス)を追うカルロス・サインツ(フェラーリ)


 サインツは、メルセデスはラッセルにハミルトンの前を走らせておけば、彼らのポジションを守ることに成功していたかもしれないと述べた。


「正直なところ、ルイスが後ろのままだったら彼らにはもっといいチャンスがあったかもしれない。でも同時に僕はルイスに仕掛けていっただろうね。ジョージはS字とターン8、ターン9ではとても遅かったからだ」


「ターン11かターン13に進入するところで試しただろう。両方とも超低速コーナーだ。今ではわからないことだけどね。ルイスの次にはジョージがいたから、ルイスを後ろに抑えてもリスクがあっただろう」


 終盤の無線では、サインツはハミルトンを「追いかける」と明言していた。しかし7度の世界チャンピオンにサインツは手が届かなかった。


「鈴鹿はオーバーテイクがかなり難しいことが今日わかったと思う。そしてトラックポジションが基本になる。僕はルイスに近づいていった時、彼よりコンマ4秒から5秒速かったと思う」


「それは追い抜くのに十分な差分とは思えない。ただ、最後の2周は僕の方が速かった。1秒速くなければ、追い抜けないということだ。また、シャルル(・ルクレール)はジョージに手こずっていて、彼を追い抜くのにかなり長い時間がかかっていた」


「トラックポジションが重要であることが今日証明されたが、僕たちはピットストップでポジションを失ってしまった。僕たちはルイスと4秒差で前にいたけれど、戻った時は8秒の差がついていた」

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2023年F1第17戦日本GP カルロス・サインツ(フェラーリ)


 前方では、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が4番手のポジションをキープしており、サインツは6位より上の順位になれた可能性もあった。


「僕たちは結果が示しているよりもいいペースを出していたと思うよ」とサインツは語った。


「スタート直後からすごく速かったと思う。とてもいいスタートを切ることができた。そして第1スティントでは、前方のドライバーたちよりもペースが出ていると感じた。タイヤマネジメントもうまくいった」


「当然ながら、後方のトラックポジションにいることの影響は常にある。特に、暑い鈴鹿でオーバーテイクするのは難しい」


「でも正直なところ、今日は通常の状態に戻れたと思った。リズムを掴むとすぐに、マシンをよく理解してうまくドライブすることができた。最後のピットストップは残念だった。あれがレースタイムにかなり響いたけれど、しょうがないことだ」



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP