F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第17戦分析】伸び悩んだ金曜日の日没後も続く戦い。鈴鹿に集ったファンへの感謝

2023年9月22日

 ついに2023年F1第17戦日本GPのレースウイークが始まりを迎えた。昨年に続き自身2度目の母国GPを迎えた角田裕毅(アルファタウリ)は午前中のフリー走行1回目(FP1)で5番手となるも、午後のフリー走行2回目(FP2)は18番手という結果に。


 FP1はトップのフェルスタッペンから0.950秒差にとどまるも、FP2はフェルスタッペンから1.490秒差に広がり、チームメイトのリアム・ローソンの後塵を排する結果に。そんなローソンもFP1で9番手とシングルポジションに入るもFP2は15番手と、アルファタウリは2台揃って伸び悩む結果となった。


 FP2終了直後、ライバル勢との違いについて問われた角田は「ダウンフォース量とストレートスピードの差ですかね。フィーリングは悪くないですし、まだデータも見ていないですけど、ダウンフォースをつけすぎている可能性はあります」と報道陣に語った。


 なお、スクーデリア・アルファタウリのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルスはチームリリース内で「FP1で、裕毅は高速で、リアムは低速で苦労していたので、FP2に向けて問題を解決するため、2台にセットアップ変更を施した」としている。


 シンガポールGPで投入したアップデートについては「期待どおりの挙動を示し続けており、パフォーマンスが一段階向上した(エドルス)」としていることからも、金曜日の結果はFP2で試したセットアップがハマらなかっただけという見方もできる。それゆえに、23日(土)のFP3で、FP2からどれだけ改善を確認できるかが、午後の予選、そして24日(日)の決勝へ向けた壁となるに違いない。


 囲み取材の終盤、角田は金曜日に鈴鹿サーキットに詰めかけたファンに感謝の言葉を口にした。


「(走行中も)応援の旗がたくさん見えました。日本の国旗が揺れている様子を見ると、セッションの結果が悪くても、いつもより少し明るい気持ちで終われたと思います」


 険しい表情となってもおかしくはない、厳しいセッションの終了直後だったが、角田は淡々と、落ち着いた表情で「今日エンジニアと、どう改善できるかを十分に話をし合い、明日に向けていいクルマを作っていきたいなと思います」と、予選日へ向けた想いを口にした。


 予選日、そして決勝日に鈴鹿サーキットに詰めかけるファンにために、角田の戦いは走行セッションが終わり、日没を迎えた今も続いている。その結果がどうなるか、FP3、そして予選の走りに期待したい。

2023年F1第17戦日本GP 角田裕毅(アルファタウリ)
2023年F1第17戦日本GP 角田裕毅(アルファタウリ)

2023年F1第17戦日本GP 金曜の走行を終えたばかりの角田裕毅(アルファタウリ)の車両
2023年F1第17戦日本GP 金曜の走行を終えたばかりの角田裕毅(アルファタウリ)の車両



(Takahiro Kawano / autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
3/2(土) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※バーレーンGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン26
2位セルジオ・ペレス18
3位カルロス・サインツ15
4位シャルル・ルクレール12
5位ジョージ・ラッセル10
6位ランド・ノリス8
7位ルイス・ハミルトン6
8位オスカー・ピアストリ4
9位フェルナンド・アロンソ2
10位ランス・ストロール1

チームランキング

※バーレーンGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング44
2位スクーデリア・フェラーリ27
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム16
4位マクラーレン・フォーミュラ1チーム12
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム3
6位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
7位マネーグラム・ハースF1チーム0
8位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム0
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号