F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ、アロンソと再び!? GP2エンジン発言は「過去の話。ドライバー選定の最終的な決定権はチームに」

2023年5月24日

 5月24日、ホンダは東京都のウエルカムプラザ青山で『四輪モータースポーツに関する記者会見』を行い、2026年からF1世界選手権に参戦し、アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ・ワン・チームと、新レギュレーションに基づくパワーユニットを供給するワークス契約を結ぶことで合意したと発表した。


 その会見の質疑応答において、記者からはかつてホンダPUを「GP2エンジン」と評し、現在アストンマーティンF1のステアリングを握るフェルナンド・アロンソについて、そして2026年からのアストンマーティンF1のドライバー選定にホンダの関与はあるのかと言う質問が飛んだ。


 その質問は「今のアストンマーティンの好調を支えてるひとつの要因にフェルナンド・アロンソがいると思います。当時(マクラーレンへの供給時)あまりうまくいってない時期に、『(ホンダPUを)GP2エンジン』と言ったとか、そういう話がありました。今回の(アストンマーティンへの供給開始)は3年後なので、まだ(アロンソがチームに)いるかどうかわかりませんが、この好調ぶりを見ていると、もしかしたらいるかもしれないないくらいの勢いだと思います。そういうときに、『あのドライバーは嫌だ』とか(ホンダ側から)言う可能性はあるのか。アロンソの話だけではなく、ドライバー選定も含めてチーム運営を完全に任せきるのか」というものだった。


 それについて、ホンダの三部敏宏代表執行役社長は、「過去の話は過去の話として捉えてます」と語った。


「アロンソ選手についても天才的なドライバーでありホンダとしても尊敬しているドライバーであります。2026年はまだ少し先なのでドライバー(選定)については、何とも言えませんけども、その辺の選択権はチームが持っていますので、それはもうチームにおまかせしたいというふうに思っています」


「今回、我々はワークス体制で臨みます。少し開発は始まっているのですけども、車体側からの要求仕様みたいなものを十分に取り入れながら、車体にあったエンジン設計というのを今後もやっていきます。そういった意味ではかなりハイポジションなクルマにしていけるかなと今は考えています」


 また、ホンダ・レーシング(HRC)の渡辺康治代表取締役社長は、「(アロンソとは)非常に苦しい時期を一緒に過ごしましたけれども、結果として我々も努力し、パワーユニットとして世界タイトルを獲るということができました。アロンソ選手については本当に非常にレベルの高い、天才的な選手だというふうに思っておりますし、そこについて我々もリスペクトをしております」と答えた。


「ドライバー(選定)についても同じです。チーム運営にまったく関わらないということではありませんが、今までのスタンス通りに最終的な決定権はチーム側が持つということで、我々も当然インプットさせていただきながら、一緒にチーム運営できればというふうに思っております」


「ドライバーについては当然日本人ドライバーや、我々もホンダ・レーシングスクール・鈴鹿(HRS)というレーシングスクールを持っておりますので、そこからもぜひどんどんチャレンジしていただいて、そこの候補になれるようになっていただけたら嬉しいなと思っております」

記者会見に登壇したHRC渡辺康治社長/ホンダ三部敏宏社長/アストンマーティンF1のローレンス・ストロール/マーティン・ウィットマーシュ
記者会見に登壇したHRC渡辺康治社長/ホンダ三部敏宏社長/アストンマーティンF1のローレンス・ストロール/マーティン・ウィットマーシュ



(Takahiro Kawano / autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP