F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アストンマーティンF1の速さの秘密を探る:ふたりの空力専門家が求めた最適解。単純な模倣でなく長期的展望を探求

2023年3月17日

 2023年F1第1戦バーレーンGPでフェルナンド・アロンソにより3位表彰台を獲得したアストンマーティン。驚きの飛躍を成し遂げることができた理由は何なのか、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが分析する。


──────────────────────────

■層の厚い技術陣営

 AMR23は元レッドブルの空力部門責任者ダン・ファローズが、アストンマーティンのテクニカルディレクターに就任して初めて、ゼロから指揮を執って開発したマシンだ。またレッドブル同僚でもあった元メルセデスのチーフ空力エンジニア、エリック・ブランディンの専門知識も生かされている。

アストンマーティンF1テクニカルディレクター ダン・ファローズ
アストンマーティンF1テクニカルディレクター ダン・ファローズ


アストンマーティンF1副テクニカルディレクター、エリック・ブランディン
アストンマーティンF1副テクニカルディレクター、エリック・ブランディン

 つまりアストンマーティンはF1チームの中で唯一、技術部門のトップに2人の空力専門家がいることになる。そしてそれは決して、偶然ではない。空力こそが速さの源泉だという信念のもと、彼らは開発を進めてきた。パワーユニット、ギヤボックス、油圧、リヤサスペンションを共有するメルセデスW14よりもAMR23が優れている理由は、まさにそこである。


 AMR23の外見上の特徴のひとつが、サイドポンツーンの形状だ。去年型のサイドポンツーンがレッドブルRB18からインスピレーションを得たのに対し、今年のボディワークは別のチーム、アルピーヌのそれに非常に似ている(レッドブルのクリスチャン・ホーナーやヘルムート・マルコの皮肉な発言とは矛盾するものだが)。英国エンストンで開発されたアルピーヌA522やA523と同様、AMR23もサイドポンツーン上部が溝のように深く抉れている(黄色矢印参照)。



アストンマーティンAMR23のサイドポンツーン
アストンマーティンAMR23のサイドポンツーン

 ファローズとブランディンをサポートするのは、元アルファロメオのチーフデザイナーでマクラーレンやトロロッソでも活躍したエンジニアリングディレクターのルカ・フルバット(下写真中央)だ。


 ローレンス・ストロールの積極的な採用方針に納得したこの3人の離反者は、他にも多くのエンジニアを伴い(2021年にはレッドブルから7人のエンジニアがアストンマーティンに加わった!)、元ブリヂストンの松崎淳(下写真左)らビッグネームがすでにいたチームのエンジニアリングレベルをさらに向上させた。一方でこれらのエンジニアたちの高額な年俸が、予算制限の中でどのように収まるのか、注目されるところだ。

アストンマーティンF1の松崎淳(左)、ルカ・フルバット(中央)、ダン・ファローズ(右)
アストンマーティンF1の松崎淳(左)、ルカ・フルバット(中央)、ダン・ファローズ(右)

 AMR23の開発に関して、チームは「シーズン中もアグレッシブに改良を重ねていく」と、表明している。つまり今後もいっそう速くなっていく可能性があるということだ。一方で開幕戦でいきなり表彰台に上がったフェルナンド・アロンソは、まだマシンの複雑さをすべてマスターしていないことを認めている。


 バーレーンでは4コーナーの立ち上がりで2度もアクセルを踏み込み、リヤエンドを滑らせてしまった。


「あれは完全に、僕のミスだった。マシンに慣れなければならないし、ドライビングに必要なもの、ステアリングホイールの感触など、すべてのことがまだ100%自分のスタイルに合っていない」

■大きな野心を実現するための確かな基盤となるか

 メルセデスやフェラーリが独自のコンセプトを追求したのに対し、アストンマーティンは昨シーズンまでに存在していた中から最適解を求め、それを模倣する手法を取っている。とはいえこれまで散々、「ピンクメルセデス」や「グリーンブル」と揶揄や非難されてきたように、単なるライバルのコピー工場だと考えるのは早計に過ぎる。

2023年F1第1戦バーレーンGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)

 新たなファクトリーにまもなく引っ越し、2024年までに独自の風洞を持つ予定であるこのチームを動かしているのは、オーナーの凄まじい野望に見合った新しい野心である。頂点に立つためには、競合他社をコピーするだけでは不十分であることを、ダン・ファローズたちは知っている。確かにファローズはエイドリアン・ニューウェイから多くを学んだが、一方でレッドブルの空力哲学を構築したのもファローズ自身である。


 49歳イギリス出身のファローズは、「我々は今の技術規約を、かなりアグレッシブに解釈している」と語る。「数カ月後、数年後にどんなコンセプトが流行るかを想像し、通常の開発過程を大胆にスキップしようと思っているのだ」


「つまりこのマシンで我々が成し遂げたかったのは、性能を一歩前進させるだけでなく、将来の開発に向けた強固なプラットフォームを提供することだ。現時点では、なぜこんな形状なのか理解できない部分もあるかもしれない。しかしそれこそがまさに、我々が今後発展させていこうと思っている領域なのだ」

2023年F1第1戦バーレーンGP フェルナンド・アロンソの3位獲得を祝うアストンマーティン



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編