F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1と新幹線が並走!? 驚きの映像作品『BAKUSOU』が公開

2023年1月30日

 1月30日、2023年シーズンのF1開幕も徐々に近づくなか、レッドブルが2021年のチャンピオンマシン『RB16B』と新幹線が並走する驚きの映像作品『BAKUSOU』の一部をレッドブルモータースポーツのオフィシャルTwiiterアカウントに投稿した。この東海道新幹線とF1マシンが並走するという前代未聞の動画については、レッドブルのオフィシャルサイトでもその舞台裏が綴られている。


 F1マシンのタイヤにチェーンを装着し氷上レース参加、はたまたF1マシンがマイアミからニューヨークまで爆走するなど、さまざまな挑戦でファンを驚かせてきたレッドブル。今回の挑戦の舞台はなんと日本だ。使用された車両はホンダのパワーユニットを搭載し、2021年にマックス・フェルスタッペンが自身初のワールドタイトルを決めた『RB16B』だ。これまでレッドブルの撮影プロジェクトで主に使用されてきた車両はV8エンジン時代の車両で、パワーユニット時代の車両が使用されたのは今回が初めてだという。


 そのマシンの運用のため、2022年シーズンの最終戦アブダビGPを終えたばかりのレッドブル・レーシングとホンダレーシングのメンバーが来日。2021年のF1日本GPでお披露目されるはずだった『ありがとう』の文字が入ったスペシャルリバリーのRB16Bを日本の公道で走らせるという驚きの企画が実現した。


 撮影は東海道新幹線沿線の静岡県富士市、そして西九州新幹線沿線の長崎県大村市で行われ、走行区間となる約2kmのストレート、そしてその走行区間に繋がる道を完全封鎖。県や市などの地元自治体や警察、さらにホンダ、JR東海、JR九州、そして地元住民やボランティア総勢100名以上が協力し、前後左右F1マシン以外に何もない『F1ロード』を整えて実施された。その撮影の裏側がレッドブルのオフィシャルサイト(https://www.redbull.com/jp-ja/behind-the-bakusou)で語られているので、チェックしておきたいところだ。


 1月30日19時に公開された映像は約14秒間と短めだったが、見るものを圧倒させる驚きの映像だった。レッドブルは『BAKUSOU』について、今後もアップを予定しているとのことで、次の投稿も心待ちにしたいところだ。


静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16Bと富士山
静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16Bと富士山

静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B
静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B

静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B
静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B

レッドブルRB16Bを整備するレッドブル・レーシング
レッドブルRB16Bを整備するレッドブル・レーシング

大村市では西九州新幹線と並走するレッドブルRB16B
大村市では西九州新幹線と並走するレッドブルRB16B

静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B
静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B

静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B
静岡県富士市で東海道新幹線と並走するレッドブルRB16B

西九州新幹線を望むヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B
西九州新幹線を望むヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B

西九州新幹線を望むヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B
西九州新幹線を望むヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B

ヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B
ヒルクライムを駆け上がるレッドブルRB16B

閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B
閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B

閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B
閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B

閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B
閉鎖された公道に姿を現すレッドブルRB16B

閉鎖された公道を駆け抜けるレッドブルRB16B。奥には西九州新幹線の高架が見える
閉鎖された公道を駆け抜けるレッドブルRB16B。奥には西九州新幹線の高架が見える



(autosport web)




レース

5/17(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/18(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/19(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン136
2位セルジオ・ペレス103
3位シャルル・ルクレール98
4位ランド・ノリス83
5位カルロス・サインツ83
6位オスカー・ピアストリ41
7位ジョージ・ラッセル37
8位フェルナンド・アロンソ33
9位ルイス・ハミルトン27
10位角田裕毅14

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング239
2位スクーデリア・フェラーリ187
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム124
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム64
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム42
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム19
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP