F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「実はミックをマシンに乗せたかった」アルファタウリF1代表トストが語るガスリーの後任探し

2023年1月28日

 アルファタウリF1のフランツ・トスト代表は、「政治的な理由」による妨げがなければ、ピエール・ガスリーの後任としてミック・シューマッハーと契約していた可能性があったことを明かした。


 2022年シーズン限りでハースを離脱したシューマッハーは、他チームのレギュラーシートを得ることができず、2023年はメルセデスのリザーブドライバーとして過ごすことになった。しかし、もし条件が揃っていれば、彼はアルファタウリで角田裕毅のチームメイトになっていた可能性もあったようだ。


 ガスリーのチーム離脱が決定的になったとき、アルファタウリは当初その後任としてインディカーで活躍するコルトン・ハータを候補に挙げた。しかしスーパーライセンス取得にまつわる問題によりこれは実現せず、結局ニック・デ・フリースがその座を射止めることになった。しかし、ドイツの放送局『ntv』で本人が明かしたところとによると、トスト代表が「個人的に」興味を持っていたのはシューマッハーだったという。


「個人的にではあるが、彼には関心があった」


「実はミックをマシンに乗せたかったんだ。ミックは才能があるし、F1でうまくドライブするために必要なものを持っている」

2022年F1第21戦ブラジルGPでピエール・ガスリー(アルファタウリ)と争うミック・シューマッハー(ハース)
2022年F1第21戦ブラジルGPでピエール・ガスリー(アルファタウリ)と争うミック・シューマッハー(ハース)


 アルファタウリがシューマッハーにアプローチすることはなかったが、そこには「政治的な理由もあった」とトストは語った。ミックは昨年末までフェラーリとジュニアドライバー契約を結んでいたが、アルファタウリはレッドブル系列のため、シューマッハーを引き抜ことはできなかったというのだ。


 結果的にフェラーリはシューマッハーとの契約を解除し、奇妙なめぐり合わせにより彼はデ・フリースの後任としてメルセデスに加入することになった。シューマッハーを高く評価するトストは「彼はこのチームで多くを学ぶことができる」と移籍を歓迎したうえで、「いずれはスターティンググリッドに復帰してほしい」と語った。

2022年F1第22戦アブダビGP アルファタウリのフランツ・トスト代表とペーター・ザウバー
2022年F1第22戦アブダビGP アルファタウリのフランツ・トスト代表とペーター・ザウバー

2023年よりリザーブドライバーとしてメルセデスに加入するミック・シューマッハー
2023年よりリザーブドライバーとしてメルセデスに加入するミック・シューマッハー



(autosport web)




レース

5/26(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/27(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/28(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン119
2位セルジオ・ペレス105
3位フェルナンド・アロンソ75
4位ルイス・ハミルトン56
5位カルロス・サインツ44
6位ジョージ・ラッセル40
7位シャルル・ルクレール34
8位ランス・ストロール27
9位ランド・ノリス10
10位ピエール・ガスリー8

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング224
2位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム102
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム96
4位スクーデリア・フェラーリ78
5位マクラーレンF1チーム14
6位BWTアルピーヌF1チーム14
7位マネーグラム・ハースF1チーム8
8位アルファロメオF1チーム・ステーク6
9位スクーデリア・アルファタウリ2
10位ウイリアムズ・レーシング1

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第7戦モナコGP 5/28
第8戦スペインGP 6/4
第9戦カナダGP 6/18
第10戦オーストリアGP 7/2
第11戦イギリスGP 7/9
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦アゼルバイジャンGP & 第5戦マイアミGP合併号