F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1、2023年の開発/リザーブドライバーを発表。ジョビナッツィとシュワルツマンが現場でサポート

2023年1月20日

 スクーデリア・フェラーリは、2023年シーズンの開発ドライバーとリザーブドライバーを発表した。リザーブドライバーはアントニオ・ジョビナッツィとロバート・シュワルツマン、開発ドライバーはアントニオ・フォコとダビデ・リゴンというラインアップだ。


 2022年に続きリザーブドライバーを務めるジョビナッツィだが、2023年はWEC世界耐久選手権に出場することが決まっている。そのため、ジョビナッツィがチームに帯同できない場合は、シュワルツマンが現場でチームをサポートすることになる。それと同時に、ふたりともシミュレーター作業にも取り組むということだ。

1月10日に発表された51号車フェラーリ499Pのドライバーラインアップ。左からジョビナッツィ、カラド、ピエール・グイディ
1月10日に発表された51号車フェラーリ499Pのドライバーラインアップ。左からジョビナッツィ、カラド、ピエール・グイディ

2022年アブダビGP ロバート・シュワルツマンとスポーティングディレクターのローレン・メキース(フェラーリ)
2022年アブダビGP ロバート・シュワルツマンとスポーティングディレクターのローレン・メキース(フェラーリ)


 開発ドライバーとしてシミュレーター作業を行うのは、経験豊富なフォコとリゴンだ。コース上でのテストの機会は限られているため、シミュレーターでの開発作業は非常に重要なものになる。


 なお、フォコもWECに出場することが決まっている。フェラーリは2023年からWECのハイパーカークラスに出場する予定で、ジョビナッツィとフォコはル・マン・ハイパーカー規定の新マシン『フェラーリ499P』をドライブする。ジョビナッツィが51号車、フォコが50号車だ。


 そしてシュワルツマンはSRO GTワールドチャレンンジ・ヨーロッパに、リゴンはSRO GTワールドチャレンンジ・ヨーロッパ、WECとIMSAエンデュランスカップの4ラウンドに参戦する。ふたりがドライブするのは新型フェラーリ296 GT3ということだ。

50号車のドライバーとして発表された(左から)モリーナ/ニールセン/フォコ



(autosport web Translation: AKARAG)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP