F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1が24戦カレンダーを断念した経緯。中国代替戦としてのポルトガルGP開催に大多数のチームが反対

2023年1月20日

 F1は、2023年中国GP中止を発表した後、ポルトガルGPを代替戦にすることを決めたものの、多数のチームの反対により断念、2023年F1シーズンは、当初予定していた24戦より1戦少ない23戦で行われることが確定した。


 F1 CEOステファノ・ドメニカリは、史上最多24戦の開催を強く望んでいた。最初のプランでは、中国GPを契約に基づいて4月16日に組み込んだ。ただ、中国はゼロコロナ政策を取っており、F1関係者が入国し、上海でグランプリを開催することが困難であることは予測できていた。結局、2022年12月に中国GPのオーガナイザーであるJuss Eventは、中止を申し出た。レースが開催できないことで、彼らはF1に対して、多額の支払いを行わなければならなくなった。

2019年F1中国GP(上海インターナショナルサーキット)
2019年F1中国GP(上海インターナショナルサーキット)

 F1はすぐにポルトガルGPのプロモーターと代替レースについての交渉を開始し、合意に達し、書類上の手続きのみを残す段階まで進んだ。


 しかしその後、中国はゼロコロナ政策を撤廃、入国後の隔離などの措置を取りやめた。するとJuss Eventは中国GPを予定どおり2023年に開催したいとして、カレンダーへの復活をF1側に要請。しかしその段階で中国が無条件でレースを復活させることが可能な期限は過ぎていたため、F1との間で長期にわたる交渉が行われることになり、ポルトガルはその結果を待ち続けるしかない状況に置かれた。


 それはポルティマオ・サーキットの経営陣にとって大きな問題だった。4月14〜16日の週末にはWEC世界耐久選手権が予定されているため、グランプリが開催されることが確定してからWECと日程変更について交渉を行うつもりだったが、一向にF1側から答えが戻ってこなかったのだ。


 一方、中国GPの代わりにポルトガルGPが開催されるとなると、オーストラリアGPとアゼルバイジャンGPの間に、F1は1戦のみヨーロッパに戻ることになる。そうなるとチームは、元々の予定よりも5週間早く、トラックやモーターホームなどを準備する必要が出てくる。そのことに同意したのはレッドブル、フェラーリ、メルセデスのみで、それ以外のチームは強く反対した。


 ドメニカリは、中国GPのレース復活の要請も断らざるを得なかった。中国での感染者数数の増加は深刻であるほか、中国は日本等へのビザ発給を一時停止している。


 こういった経緯によって、F1は24戦開催を諦め、23戦から成るカレンダーを1月17日に発表した。4月16日が空いたままのスケジュールになり、4月に4週間の空白ができる。これをテレビ放映権保有者は不満に思っているはずだ。



(Grandprix.com)




レース

5/17(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/18(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/19(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン136
2位セルジオ・ペレス103
3位シャルル・ルクレール98
4位ランド・ノリス83
5位カルロス・サインツ83
6位オスカー・ピアストリ41
7位ジョージ・ラッセル37
8位フェルナンド・アロンソ33
9位ルイス・ハミルトン27
10位角田裕毅14

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング239
2位スクーデリア・フェラーリ187
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム124
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム64
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム42
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム19
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP