F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

バーチャル・ル・マン24時間レースに参加したフェルスタッペン、度重なる技術的不具合に失望「何かの冗談としか思えない」

2023年1月17日

 マックス・フェルスタッペンはバーチャル・ル・マン24時間レースの主催者に対して「お笑いぐさ」という厳しい言葉を使わざるを得なかった。度重なる技術的不具合により、首位に立っていたレースからのリタイアを余儀なくされたのだ。


 フェルスタッペンは『チーム・レッドライン』の一員として、仲間のシムレーサーであるジェフリー・リートフェルト、ルーク・ブラウニング、ディオゴ・ピントとともにエントリーしていた。スタート時点で首位に立ち、そのままレースをリードしていたが、早朝、接続の不具合に見舞われた。接続が回復するまでに、フェルスタッペンの順位は17位まで下がってしまっていた。そこに不運が重なり、90分後にまたしても技術的不具合が起きてしまったのだ。


 このレースはMotorsport Games社のrFactor 2プラットフォーム上で行われていたが、土曜日にも何度か停止していた。主催者側はサーバーに対するセキュリティー侵害の発生を疑っていた。


 チーム・レッドラインは失った分のラップを補填するよう主催者に要請したが却下され、フェルスタッペンの堪忍袋の緒が切れた。日曜日の朝にタオルを投げ、落胆と失望に苛まれながらリタイアを決めた。


「自分たちが主催しているゲームすらコントロールできないとは」と現実世界のF1世界チャンピオンであるフェルスタッペンは語った。


「こうしたことが起きたのは3度目だ。レースの最中にゲームから締め出されたのはね。そしてこれが僕がこのレースに参加する最後となる。こんな状態で何の意味があるというんだろう」


「選手権に優勝しようと5カ月間準備を重ね、その通り選手権で首位に立ち、このレース自体も優勝しようと2カ月前から準備していた。それなのにこんな扱いをされるんだ」


「レッドフラッグが2回、おそらく既に問題が多発していたからだろうが、雨が降り出したのを取り消し、それでもプレイヤーの接続中断が相次いだ。僕たちもその憂き目にあった。しかし彼らは何の対応もしない。対応するためにはさらに多くのプレイヤーの接続を切る必要があるからだ」


「真面目な話、何かの冗談としか思えない。イベントとすら呼べない。お笑いぐさだ。リタイアした方がましというものだ」


 チーム・レッドライン陣営にとっては慰めとなる出来事もあった。同じくエントリーしていたフェリックス・ローゼンクビスト、フェリペ・ドルゴビッチ、ルーク・ベネット、クリス・ルラムたちによる姉妹チームが、レースの総合優勝を果たしたのだ。しかしバーチャル・ル・マンでマックス・フェルスタッペンの姿を見かけるのはこれが最後となりそうだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編