F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1を目指したV12エンジン『HKS 300E』も。東京オートサロンでHKSが創業50周年の記念展示

2023年1月14日

 1月13日から、千葉県の幕張メッセで開催されている東京オートサロン2023。西ホール1に出展しているHKSは、ブースの半分を使って創業50周年を記念し、その軌跡と未来を体感できる『HKS 50th MUSEUM』を設けているが、チューニングファンはもちろん、モータースポーツファンにとっても興味深い展示がある。


 HKSは1973年、長谷川浩之氏が静岡県富士宮市に創業した。長谷川氏はトヨタ7の開発にも携わった人物で、コスワースやハートのようなエンジンビルダーを志しレース用エンジン、エンジンパーツの開発・製造及び販売を目指した。


 その名のとおりレース用エンジン開発やターボキットの開発・販売を手がけ、その後もマフラーやサスペンション、エンジンオイルなど、チューニングカー界で世界的なメーカーとして成長していくことになるが、その開発も兼ね、モータースポーツ活動にも積極的に取り組んできた。


 今回の東京オートサロンで展示されている『HKS 50th MUSEUM』では、その活動の一端を知ることができる。特にモータースポーツファンにとって観ておきたいのが、グループA時代の1992〜1993年に活躍したR32スカイラインGT-R、そして1992年に実走テストを行った“幻の”F1エンジン、300Eだ。


 この300Eは、HKSが自社の技術力をアピールするべく開発したもので、F1ブームが到来していた1990年代初頭のホンダ、ヤマハ、スバル-モトーリ・モデルニ、いすゞといった日本製F1エンジンの登場に続くべく名乗りを上げた3.5リッターV12エンジンだ。


 300Eとともに展示されている黒いフォーミュラは、300Eの実走テストに使用されたF3000用のローラT91/50改。ヨコハマが用意したF1スペックのタイヤを履き、富士スピードウェイで茂木和男の手によりテストが行われている。ちなみに、300Eは1992年の東京オートサロンでも展示されているという。


 残念ながら300Eはいくつかの興味を惹きながらも実際にF1を戦うことはなかったが、HKSの歴史にとって欠かせないエンジンとも言える。チューニングパーツの歴史も非常に興味深く、オートサロンではぜひ観ておきたいブースのひとつだ。


参考文献:レーシングオンNo.437
https://www.as-books.jp/books/info.php?no=RON20090301

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているローラT91/50
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているローラT91/50

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているHKS 300E
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているHKS 300E

1992〜1993年に活躍したR32スカイラインGT-R
1992〜1993年に活躍したR32スカイラインGT-R

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているHKSスープラ。1991年にAAA-Pプロストックカーの日本記録を樹立した。
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているHKSスープラ。1991年にAAA-Pプロストックカーの日本記録を樹立した。

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUM
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUM

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているGRスープラ
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUMに展示されているGRスープラ

東京オートサロンのHKS 50th MUSEUM
東京オートサロンのHKS 50th MUSEUM



(Ryuji Hirano / autosport web)




レース

4/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP