F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、ペースに落胆も、ドライバー同士の関係には懸念なし「すでに和解。マックスは次はチェコを助ける」

2022年11月14日

 2022年F1ブラジルGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは6位、セルジオ・ペレスは7位だった。


 フェルスタッペンはペレスのランキング2位獲得のために協力することを拒否して「拒むには理由がある」と主張、ペレスは、返してもらえると思ったポジションをフェルスタッペンが返さなかったことで「彼が本当はどういう人間か分かった」と憤り、チーム内のテンションが高まった。ペレスに謝罪したホーナー代表は、その後、チーム内で話し合いを行い、問題は解決したと述べている。

2022年F1第21戦ブラジルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第21戦ブラジルGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー


 今シーズンには珍しく、失望のなかでグランプリを締めくくることになった。6位と7位という結果は、今季、自分たちに科した基準からはほど遠い。


 一番の問題はペース不足だった。ジョージ(・ラッセル)は週末を通して素晴らしい走りをした。メルセデスはシーズンを通してさまざまなアップグレードを入れ、どんどん速くなってきたと思う。我々が今週末パフォーマンス不足だったのはなぜなのか、理解し、アブダビには全開で臨むつもりだ。


 マックスとチェコの一件については、チーム内で話し合いを行った。アブダビに臨むにあたり、我々はチェコがドライバーズ選手権2位の座をつかむのを助けるため、チーム一丸となってベストを尽くす。マックスもそれをサポートする。


 最終的には我々はチームとして働き、チームとしてレースをするのだ。その精神こそが今シーズン、我々に大きな成功をもたらしたのだし、今後もさらに前進させてくれるだろう。


(『Sky Sports』に対して語り)チーム内で話し合った内容について明かすつもりはないが、ドライバーたちは話をして、握手をした。皆、次のレースに集中している。


 今の我々の最優先事項は、チェコに選手権2位を獲らせることだ。我々がこれまで達成したことがないことだし、マックスはこの目的のために貢献してくれる。チェコとシャルル(・ルクレール)の真っ向勝負だ。マックスは、力になれる状況であれば、そうしてくれるだろう。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編