F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「ケビンのリヤに当ててしまった。軽い接触で、スピンは予想していなかった」:マクラーレン F1第21戦決勝

2022年11月15日

 2022年F1第21戦ブラジルGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのランド・ノリスとダニエル・リカルドはリタイアでレースを終えた。


■ランド・ノリス(マクラーレンF1チーム)
決勝=DNF

2022年F1第21戦ブラジルGP トラブルでストップしたランド・ノリス(マクラーレン)のマシン
2022年F1第21戦ブラジルGP トラブルでストップしたランド・ノリス(マクラーレン)のマシン

 スタートは良かったんだ。でも、結果としては期待はずれの日曜日になった。シャルル(・ルクレール)との接触について言えば、あれはレーシングインシデントだったと思う。もちろん、僕だって当たりたくはなかったし、できるだけ自分のラインを守ったつもりだ。僕があと5センチ譲って、彼もあと5センチ譲ることはできたかもしれないけど、結局ああいうことになってしまって残念だ。


 そこから先のレースでは、単純にペースが悪かった。とにかく遅すぎたから、接触でクルマに少しダメージがあったのだと思いたいね。止まってしまった原因は、僕には分からない。これからチームが調べてくれるはずだ。


 今週末は体調も万全ではなかったけど、チームがいろいろな面でサポートしてくれた。あとはアブダビで好成績をあげて、良いかたちでシーズンを終えることだけを考えたい。


■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)
決勝=DNF

ケビン・マグヌッセン(ハース)&ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第21戦ブラジルGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)とケビン・マグヌッセン(ハース)が接触

 まず第一に、すぐにレースが終わってしまうのは、いつだって悔しいものだから、その意味でガッカリしている。残念なことに、ケビン(・マグヌッセン)のリヤに当ててしまった。何よりも悔しいのは、あれほど軽い接触だったのに、とても大きな結果を伴ったことだ。僕は彼がスピンするとは予想していなかった。おそらく、たまたま当たった角度が悪くて、彼のリヤの荷重が抜けてしまったのだと思う。多くの場合、あの程度の軽い接触であれば、どうにか姿勢を立て直せるものだからね。そう考えると、双方にとって不運が重なった出来事だった。


 波乱の多いレースだっただけに、最後まで走り続けることができなくて残念だ。ここにいるチームのみんな、そしてファクトリーのみんなにも謝りたい。だけど、もう気持ちをリセットして、アブダビでの残り1戦に向かうよ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP