F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、新サーキットの路面を批判「ラインを外れるとグリップがないからバトルできない」レッドブル/F1第5戦金曜

2022年5月7日

 2022年F1マイアミGPの金曜、レッドブルのセルジオ・ペレスはフリー走行1=4番手/2=3番手だった。


 今回ペレスのマシンにはシーズン2基目のギヤボックスが入れられたことが明らかになっている。


■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
フリー走行1=4番手(1分31秒301:ソフトタイヤ/22周)/2=3番手(1分30秒150:ソフトタイヤ/19周)

2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 今日はどのドライバーにとっても難しい一日だったと思う。FP2はスムーズなセッションではなく、僕は(速いラップは)ミディアムタイヤで1周、ソフトタイヤで2周走っただけだ。赤旗が繰り返し出て、走行時間が削られたことで、燃料をたくさん積んだ状態では何もできなかった。


 僕たちは状況を把握できないままでレースに臨むことになる。でもそれはほとんどのドライバーが同じだけどね。
 予選の方が多少は見当がつく。ただ、天候の関係で状況があっという間に変化する可能性がある。


 ここはレーシングラインを外れるとグリップがあまりなく、すごくざらざらしている感じがする。そのためにバトルをするのが簡単ではないと思うので残念だ。


 とはいえ全員が状況を把握できないまま日曜に臨むことで、興味深いレースになると思うよ。


(ロイターに語り)オフラインは全くグリップがない。本当に残念だ。そのせいで良いレースにはならないだろうからね。ラインを外れようとすると、グリップが全く感じられない。濡れている感じだし、砂利っぽい。バトルをするのは厳しいだろう。ただ、皆状況は同じだし、どうなるか予想できないから、そういう意味では興味深いレースになるだろうけどね。

2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)がスピン
2022年F1第5戦マイアミGP セルジオ・ペレス(レッドブル)がスピン



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号