F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「2022年型F1マシンにおいて、すべてのドライバーがドライビングスタイルを変える必要が出てくる」とノリス

2022年1月17日

 ランド・ノリスは、マクラーレンの2022年型F1マシンに実際に乗る機会を楽しみにしている。2021年とは全く異なるマシンで走ることは未知の経験であり、どれだけのパフォーマンスを発揮できるのか分からないと、ノリスは言う。


 2022年に向けてF1テクニカルレギュレーションが大幅に変更され、新世代のF1マシンが登場する。前のマシンに接近することをより容易にし、多くのオーバーテイクのチャンスを作り、ショーとしての盛り上がりを実現することを意図して空力面が大きく変更されたため、各チームは白紙の状態からそれぞれのマシンを設計することになった。


 チームのシミュレーターで2022年型マシンをすでに体験したドライバーもいるが、実際にコース上で走行し始めた時にはシミュレーターとは全く異なる状況に直面する可能性がある。2022年F1プレシーズンテストは、スペイン・バルセロナにおいて2月23日にスタートする。


 ノリスは、すべてのドライバーが新しいコンセプトのマシンに適応するために自身のスタイルを変える必要があると予想している。

2021年F1第21戦サウジアラビアGP ランド・ノリス(マクラーレン)

「自分が新しいマシンですごく良い走りができるか、それとも少し苦戦することになるのか、どちらに転ぶかは分からない」とノリスは昨年12月に話している。


「誰にとっても同じ状況だと思う。全く違うマシンになるから、誰もが適応しなければならない」


「誰のドライビングスタイルであれ、2022年のマシンに乗り込んでそのままで走れるということはないと思う。誰もが少しはドライビングスタイルを変える必要があるだろうね」


 新型マシンをドライブする上で不安はあるかと尋ねられたノリスは、次のように答えた。


「神経をとがらせているとか、そういうことはないが、いくつか疑問点がある。どのようなドライビングをしなければならなくなるのか、考えている」


「自分に合った自然なドライビングスタイルでいられるのか、それとも順応させる必要があるのか、ということだね」

2022年F1のショーカー(マクラーレン仕様)
2022年F1のショーカー(マクラーレン仕様)

 ニューマシンへの適応にどれだけ時間がかかるかについて懸念はあるかと聞かれたノリスは「もちろんだ」と答えた。


「快適な状態にするためには、マシンに乗り込んで取り組む必要がある」


「たとえば、ブレーキング時の自信を増す必要がある場合でも、必ずしもそのマシンがブレーキングで良くないというわけではなく、ブレーキペダルが原因かもしれない。ブレーキペダルの感触のせいかもしれないんだ」


「柔らかすぎるのか、硬すぎるのか。いつロックアップしかけるのかというようなことだ」


「そういう要素がたくさんある。マシンをどのように作り上げていくかという点は同じだが、全く違うマシンになるから、どうなるかはまるで分からないんだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号