F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2022年のF1は「開発が大きな鍵になる」とラッセル。全チームがシーズンを通して大きく進歩すると予想

2022年1月8日

 ジョージ・ラッセルは、2022年は複数のチームが“何か特別なこと”をできるだろうが、トップチームはシーズン中の開発によって結果を出せるだろうと述べている。


 ラッセルはバルテリ・ボッタスがアルファロメオ・レーシングに移籍するにあたって、誰もが望むメルセデスの2022年のシートを引き継いだ。多くの人々がラッセルに高い期待を寄せており、最初から世界王者たちに対抗して優勝に挑戦するとみられている。


 しかしながら、ラッセルは一部のチームがメルセデスを追い立て、トップのメルセデスとレッドブルを混乱させると考えており、まず最初にそうしてくるのはフェラーリの赤いマシン勢だという。


「フェラーリのようなチームは、この2年難しい期間を過ごしたが、とてもハングリーになるはずだ。特に新規則に変わったことで、戦いに戻ってくるだろう」とラッセルはメディアに語った。


「マクラーレンについても同じだ。これらのチームにはインフラがあり、才能あるエンジニアやドライバーたちを抱えている。本当に激しく戦うだろう」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリ)


 トップチームはシーズン序盤に有利な立場を賭けて戦うが、ラッセルは、各チームが新型マシンの理解を深めていくなかで、開発ペースが最終的に重要な役割を果たすだろうと見ている。


「2022年はおそらく5チームが何か特別なことをする力があると本当に考えている。絶対にそこを押さえなければいけない」


「開発が大きな鍵になると思う。誰が最速のレースをするか、バルセロナテストや(開幕戦の)バーレーンのレースで最速の走りをするかということではない」


「重要なのはマシンを深く理解できる人物で、年間を通じてそうした基盤から開発して築き上げていけることだ。僕はすべてのチームがシーズン最初のレースから最後のレースまで大きな進歩を見せると思うよ」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2021年F1アブダビテスト ジョージ・ラッセル(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号