F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マゼピン「中盤は少し苦戦したがリカバーできた。これ以上の結果を引き出す余地はなかった」:ハース F1第19戦決勝

2021年11月16日

 2021年F1第19戦ブラジルGPの決勝レースが行われ、ハースのニキータ・マゼピンは17位、ミック・シューマッハーは18位でレースを終えた。


■ウラルカリ・ハースF1チーム
ニキータ・マゼピン 決勝=17位

ニキータ・マゼピン(ハース)
2021年F1第19戦ブラジルGP ニキータ・マゼピン(ハース)

 いい1日だった。スタートは最高ではなかったけどね。最初の蹴り出しは良かったものの、その後、少しホイールスピンがあって、スタートからコーナーをいくつかクリアするまでにオーバーテイクを決めるのは難しかった。それでもターン4はいい感じで通過できて、それから最初の数周はうまくタイヤを守れたと思う。チームがすごくいい仕事をして、序盤から思いどおりに走れるクルマに仕上げてくれたんだ。


 レース中盤は少し苦戦したけど、それも終盤に向けてリカバーすることができた。そうする必要がある時にするべきことをして、バーチャルセーフティカーも最大限に活かそうと試みた。これ以上の結果を引き出せる余地は、あまりなかったと思う。


■ウラルカリ・ハースF1チーム
ミック・シューマッハー 決勝=18位

ミック・シューマッハー(ハース)
2021年F1第19戦ブラジルGP ミック・シューマッハー(ハース)

 キミ(・ライコネン)とのバトルについて、事前の記者会見で冗談を言っていたんだ。残念なことに、少しだけ近づきすぎてしまって、ああいう結果(ライコネンとの接触)になった。あのコーナーは特にタイトだからね。僕はどうにかピットに戻ることができて、それ以降は全体としていいレースだったと思う。


 こういう出来事やひとつひとつのバトルから、とても役に立つことを学んでいる。今回もポジティブなことを数多く持ち帰ることができたし、あえて言うなら、あのアクシデントもエンジョイしたよ!

キミ・ライコネン(アルファロメオ)&ミック・シューマッハー(ハース)
2021年F1第19戦ブラジルGP 11周目、ターン1でキミ・ライコネン(アルファロメオ)とミック・シューマッハー(ハース)が接触。シューマッハーのフロントウイングが脱落した



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号