F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ「オコンとのチームワークでガスリーを抑え込もうとしたが無理だった」アルピーヌ/F1第19戦決勝

2021年11月15日

 2021年F1ブラジルGP決勝で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは9位、エステバン・オコンは8位だった。


■アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=9位
 昨日が厳しかっただけに、今日の結果には満足している。スタートとリスタートは思ったようにはならなかったが、いったんフィールドが落ち着いてからのレースペースはとても良かった。バーチャルセーフティカーに関しては、ややアンラッキーだったね。それに合わせてピットに入ることができず、結果としてそこで少しタイムを失ったからだ。ピットストップ後は力強いペースで走れた。1ストップの戦略を選び、チームワークを駆使してピエール(・ガスリー)に抜かれるのを阻止しようと試みたが、彼を抑え込むことはできなかった。それでも、また2台がポイント圏内でフィニッシュできて良かった。これでアルファタウリとの5位争いは同点という状況だ。次のカタールでの週末では、この調子を維持することを目指す。

2021年F1第19戦ブラジルGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とエステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第19戦ブラジルGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とエステバン・オコン(アルピーヌ)


■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=8位
 とても忙しいレースの末に、またポイントを獲得できてうれしいよ。今日は僕たち全員の見事なチームワークがすべてだった。パフォーマンスと戦術の両面で、あらゆることを最大限に利用しようと試み、あらゆることを限界までプッシュした。ガスリーが2度目のピットストップをした時には、あえてフェルナンドに順位を譲った。彼のトゥ(スリップストリーム)をもらうことで、ガスリーを抑え続けることができるかどうか試すためだった。それも2、3周の間はうまく行ったけど、やはり守り切るには十分ではなかったので、最終的にはフェルナンドが順位を返してくれたんだ。とはいえ、8位と9位でフィニッシュしたことで、6ポイントを手に入れた。チームとしては素晴らしい結果であり、コンストラクターズ選手権争いにおいて重要な追加点だ。まだこの争いはタイトで、これから2カ所の未知のサーキットへ向かう。このポジションを維持するために、できる限りプッシュし続けるよ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号