F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「ギヤボックスの問題でリタイアしなければ、12位か13位だった」:ウイリアムズ F1第13戦決勝

2021年9月7日

 2021年F1第13戦オランダGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは16位、ジョージ・ラッセルは17位(完走扱い)でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=16位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第13戦オランダGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 予想したとおり、ザントフォールトはレースをするには難しいサーキットで、他のクルマをコース上でパスする機会はあまり多くはなかった。ピットレーンからのスタートになると、やはりどうしても厳しい戦いを強いられ、セルジオ(・ペレス)と僕は集団に追いつくまでに約2周を要した。


 最初のスティントは良かった。何とかハースの2台を抜けたし、自分のペースにも満足だった。ただ、ピットストップの後はハードタイヤでのロングスティントになり、レース終盤にかけてはタイヤのマネジメントがとても難しかった。ブルーフラッグを振られるとタイヤの温度が下がってしまい、少しばかり苦労させられたんだ。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=17位(DNF)

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第13戦オランダGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 まずまずのレースだった。最初のスティントは好調で、前を走るアントニオ・ジョビナッツィやマクラーレン勢に付いていくことができた。ただ、ピットインした時に、ピットの入口で限界まで攻めたのが裏目に出た。ここの入口はかなりトリッキーで、少し攻めすぎてしまったんだ。とはいえ、(ピットレーン速度違反による)5秒のタイムペナルティで僕のレースが台無しになったわけではなく、残り2〜3周でギヤボックスのトラブルのためリタイアしなければ、おそらく12位か13位でフィニッシュできただろう。


 次のイタリアでの週末を心から楽しみにしている。モンツァは、このザントフォールトとはまるで性格の異なるサーキットで、ほぼ最小のダウンフォースレベルで走る。ここでは反対にダウンフォースは最大に近かった。それにモンツァではスプリント予選もあって、そこでもチャンスが訪れる可能性があるからね。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号