F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

モンツァのパラボリカコーナー、元F1ドライバーにちなみ『アルボレート』に名称変更へ

2021年9月10日

 モンツァ・サーキットは、故人であるイタリア人グランプリドライバーのミケーレ・アルボレートに敬意を表し、名物コーナー、パラボリカの名称を“クルバ・アルボレート”に変更することを決めた。


 アルボレートは1981年から1994年までF1に参戦。ティレルで2回、フェラーリで3回、計5回のF1優勝を飾り、1985年にはランキング2位を獲得した。F1引退後は、ル・マン24時間レースなどに参戦、同レースでは1997年にヨースト・レーシング/ポルシェで優勝を果たしている。2001年、44歳のアルボレートは、ドイツのラウジッツリンクで、ル・マン24時間レースの準備としてアウディのテストを行っている際に、事故死した。今年はアルボレートが亡くなってから20年目にあたる。

1984年F1ドイツGP ミケーレ・アルボレート(フェラーリ)
1984年F1ドイツGP ミケーレ・アルボレート(フェラーリ)

 パラボリカはメインストレートにつながる高速右ロングコーナーで、モータースポーツ界で最も有名なコーナーのひとつ。今週末の第14戦イタリアGPの土曜日、9月11日に式典が行われ、正式にコーナー名が変更される。


 式典は、アルボレートの妻ナディアを含む彼の家族、イタリア自動車クラブの会長であるアンジェロ・スティッキ・ダミアーニ、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリらの出席のもと行われる。


 アルボレートは、フェラーリ時代にモンツァで表彰台に上った経験を持つ。1984年と1988年のイタリアGPで2位を獲得。1988年にはチームメイトのゲルハルト・ベルガーが優勝し、フェラーリがワンツーを飾った。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号