F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル「後方からだと違う戦略を選ぶしかない。アプローチは正しかった」:アストンマーティン F1第13戦決勝

2021年9月7日

 2021年F1第13戦オランダGPの決勝レースが行われ、アストンマーティンのランス・ストロールは12位、セバスチャン・ベッテルは13位でレースを終えた。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
ランス・ストロール 決勝=12位

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2021年F1第13戦オランダGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

 このレースを見れば、予選がいかに大事かということが分かる。残念なことに、僕らは予選で実力を発揮しきれず、レースで重荷を背負うことになった。


 スタートの蹴り出しは悪くなかったものの、そこで順位を上げることはできなかった。その後、僕にできたのは、長いクルマの列の中で、レースの大半を通じてジョージ(・ラッセル)の背後を走ることだけだった。タイヤの状態に明らかな差がない限り、ここではオーバーテイクは事実上不可能だ。戦略面で他に手がなかったのか、これから見直してみるつもりだけど、どんな戦略を採っても結果に大きな違いはなかったと思う。


 ザントフォールトはドライブするには最高のサーキットで、どちらかと言えば土曜日(予選)が楽しいコースだ。ここがカレンダーに加わったことは歓迎するよ。でも、日曜にオーバーテイクがしやすくなるように、何らかの工夫が必要かもしれない。ともあれ、気持ちをリセットして、次のモンツァのことを考えるよ。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=13位

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第13戦オランダGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

 何をやってもうまく行かない1日だった。特にオーバーテイクがきわめて難しいサーキットでは、後方からのスタートになるとリカバーするのは至難の業であることが、あらためて証明されたと言える。


 オーバーテイクを狙うには大きなリスクを取る必要があり、予選グリッドが本来いるべき位置より後ろになると、それを取り戻すのは本当に難しい。実際、レース終盤に少しクリーンエアで走れた時には、すごく速いペースで走れたし、いいリズムにも乗れた。あの位置からのスタートでは、戦略面で何か違ったことをするしかないから、僕らが採ったアプローチはあれで良かったと思っている。



(autosport web)




レース

6/18(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/19(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/20(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号