F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「厳しいレース。一時は10番手を走ったが、それ以上は無理だった」:マクラーレン F1第13戦決勝

2021年9月7日

 2021年F1第13戦オランダGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは11位でレースを終えた。


■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=11位
 厳しいレースだった。グリッドにつこうとした時、クラッチパドルを引いても反応がなかったんだ。スタートで使いたい方のパドルが故障していてね。仕方なく、もう一方の手でスタートすることになり、(ジョージ・)ラッセルに抜かれたのも、それによるところが大きかった。


 でも、その後はうまくリカバーして、ラッセルと(アントニオ・)ジョビナッツィを抜き返すことができた。結果として、少し順位を下げそうだと思っていた1周目に、ひとつポジションを上げられたのだから悪くはなかったよ。


 それからはずっとアルピーヌ勢の背後で過ごした。彼らはタイヤをセーブしていたようで、僕も何とか付いていこうとした。だけど、彼らがペースを上げ始めると、もうこっちのペースでは追って行けなかった。


 ハードタイヤを履いてからは、少しリズムに乗ろうと試みた。ふたりで最大限のポイントを持ち帰るために、チーム戦略を実行したのも、僕にとっては少しタイムロスになった。そこからタイムを上げるのは難しかったね。結局のところ、ペース自体がそれほど良くなかったのだと思う。最初のスティントと第2スティントでは、それぞれ違う理由でちょっと苦戦したからね。一時は10番手を走っていたけど、それよりもっと上へ行けたとは思えない。もちろん、できることならポイントを獲りたかったけど、何が原因だったのか、しっかり分析して学ぶつもりだ。


 さて、次はモンツァだ。早くピザを食べたいよ!

ダニエル・リカルド(マクラーレン)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号