F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:アルファタウリ・ホンダのラインアップは「来週発表する」とマルコ。イタリアGPが正念場か

2021年9月7日

 9月4日、FIA-F3のレース1の後、メディアセンターへ戻ろうとしたら、前方はるか彼方にピエール・ガスリー(アルファタウリ)らしきドライバーが自転車を止めて、だれかと話をしていた。かなり距離があったので、近づく前に話し合いが終わるだろうと思い、とりあえず遠くから望遠を効かせて撮影した。

F1 Topic
2021年F1第13戦オランダGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)


 その後、急ぎ足で距離を縮めたが、まだ話し込んでいる。ガスリーが話している相手はレッドブルのヘルムート・マルコ(モータースポーツアドバイザー)だった。

F1 Topic
ガスリーと話していたのは、レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコだった


 結局、ふたりが立ち話をしている場所に辿り着き、望遠を利かすことなく、肉眼でも表情が確認できるほど近くで撮影。ふたりの表情はとても穏やかで、時折笑顔を見せていたほどだった。

F1 Topic
穏やかな表情で会話を続けるガスリーとマルコ


 ふたりの会話はその数十秒後に終了し、ガスリーはモーターホームがあるパドックへ。そして、マルコはガレージへと別々の方向へ歩を進めた。そこで、筆者はマルコの後を追い、アルファタウリの来年のラインアップについて尋ねることにした。


 まずマルコが口にしたのは、いま立ち話をしていたガスリーについてだった。


「今年のピエールは目を見張る走りを披露している。マシンのポテンシャルを最大限、もしかするとポテンシャル以上のものを引き出しているかもしれない」


 そこで、日本人ドライバーについて尋ねると、マルコは「イワサはいいドライバーだ」と岩佐歩夢(ハイテックGP)の名前を口にした。筆者が尋ねたタイミングがF3のレース1が終わったばかりで、そのレースで岩佐が3位表彰台を手にしたからだったのかどうかはわからない。そこで、「アルファタウリの来年のドライバーラインアップはどうなるか?」とストレートに聞くと、マルコはこう答えた。


「来週、発表する」


 イタリアGPはアルファタウリにとってホームグランプリ。ガスリーが残留するのは間違いないだろう。あとは、もうひとつのシートをだれに与えるのか。ヨーロッパラウンド最終戦となるイタリアGPは、角田裕毅にとって来年以降のF1がかかった重要な一戦となりそうだ。

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第13戦オランダGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号