F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

チャンピオンたちの微妙な表情@シンガポール現地情報

2015年9月20日

なんだか、いつもと違う雲行きになってきたシンガポール。「夜シフト」のパドックから、ムッシュ柴田氏がレポートします。

○○○○○

前回からインドつながりってわけじゃないんですが、今週末泊まってるのはインド人街でして、午前3時を過ぎても、界隈はド派手かつ東南アジアらしからぬネオンが光っています。シンガポールといっても、マリーナ・ベイサンズだけじゃないんですよ。


昼過ぎにサーキットに通うときは、さすがに炎天下を1時間も歩けないので最寄りの駅から地下鉄で。駅名はヒンズー語併記だし、乗降客の顔ぶれもインド、インドしています。


滞在3日目の土曜日は、ほとんど煙害もなく、遠くのビル群までよく見渡せました。午後2時過ぎには各チームのメカニックたちも続々サーキットに到着。


今年はバンコク爆弾テロの影響もあったのか、入口での荷物チェックがかなり厳しくなっています。それは全然かまわないんですが……


メディアセンターで食べようと、途中の和食屋で買った肉野菜炒め弁当を「持ち込み禁止!」と言われたのは参りました。食い物がかかってると僕も必死で(笑)押し問答の末に無事通過〜。

腹ごしらえも済み、予選後のパドックに行くと、レッドブルではクリスチャン・ホーナー代表とヘルムート・マルコ博士が、人目もはばからず、かなり深刻に話し込んでいました。当然、来季のパワーユニットのことなんでしょうね。


予選の速さを目の当たりにしたフェラーリから「さっき供給を断ってきたんですよ。どうしよう」と、ホーナー代表が泣きついてるとか!?



そんな、くら〜い雰囲気とは対照的に、そのすぐ手前で大笑いしているのはジャッキー・スチュワートとミック・ドゥーハン(2輪)の世界チャンピオンコンビ。おふたりとも、幸せな第二の人生を送ってる感じです。

一方、こちらの現役チャンピオン。


もし今週末にポールポジションを獲っていたら、敬愛するアイルトン・セナの8連続PP記録に並んだのに(しかも偶然にもセナの生涯出場数と同じ161戦目で!)、予選5位という、まさかの惨敗。本人はさほど落ち込んだふうもなく、淡々とインタビューを受けてましたが、レースに向けて秘策でもあるのかな?


そして、もうひとりの世界チャンピオンも「まあ、もし黄旗で邪魔されなかったとしてもQ3進出は無理だったと思うよ」と述べつつ、淡々とマイクをいじっていたのでした。隣で話すジェンソン・バトンも元チャンピオンなのは言うまでもなく。

最後に「淡々」の対極にある人をご紹介しましょう。いつお目にかかっても濃厚な、フェラーリのマウリツィオ・アリバベーネ代表です。


これぞイタリアの元祖ちょい悪オヤジ。隣のジャック・ビルヌーブ44歳(この人もチャンピオン)が、ただの坊やに見えてしまいます。


イタリアのスカイTVインタビュアーのお姉さんの絡みつくような目線が、また濃厚。見てるだけで、お腹いっぱいになってしまいましたよ(笑)。




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号