F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:ハースF1が2020年を最後に撤退か。オーナーはFIAの対応に憤慨

2018.11.29

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

F1に興味を失ったジーン・ハース
フォース・インディアへの対処に憤慨
XPB Images

 ジーン・ハースはF1への興味を失ってきているようだ。彼に近い筋は、リバティ・メディアが各チームにオファーする予定の新たな商業契約をハースが気に入らなければ、2020年末にグランプリレースから完全撤退するのではないかと疑っている。ハースは特にFIAとFOMによるレーシング・ポイント・フォース・インディアへの対処に憤慨している。

 レーシング・ポイント・フォース・インディアはどうみても新チームであるのに、分配金全額を今年末に受け取ることができるというのだ。一方ハースは、F1に参戦した最初の2シーズンでは分配金なしでレースをしたのだ。

 イタリアGPでのルノーの抗議により、ロマン・グロージャンが失格となったことは、このような件では個別に対応するという紳士協定があると考えているハースの気分を特に害することになった。

 彼がスポンサーを探し回り、ペイドライバーたちにチームのマシンをテストさせているという事実は、彼がF1に多額の投資をする意志がなくなったことを示しているかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・

ヒュルケンベルグの横転クラッシュでハロの安全性に懸念
「脱出の妨げにはならなかった」とF1競技委員長
Sutton Images

 先週日曜日のアブダビGPで、ニコ・ヒュルケンベルグが大クラッシュによってリタイアしたことで、マシンが上下逆さまになったときにドライバーを救出する際のハロの影響に懸念が生じている。

 ヒュルケンベルグは、「ハロがマシンから脱出する妨げになったかどうかは分からない。なぜなら反対側にはウォールがあり、スペースがまったくなかったからだ」と認めている。しかし彼は「不安だった。マシンの後方から火が出ているのがわかったからね。煙がコクピットまで届いていたんだ」と語った。

 それにより、まだ車内に残されていた彼が必死に無線で「僕をここから出してくれ」とチームと、レースディレクションに訴えていたことの説明がつく。

 しかしチャーリー・ホワイティングは懸念を退け、次のように主張した。「すべてはこの種のインシデントに対する手順によって行われ、メディカルチームはそのことに満足している。ニコが無事であることが分かっていたため、マシンを元の状態に戻して彼を救出することが優先された」

「ハロはニコがマシンから脱出する妨げにはならなかっただろう。しかし手順はより安全な方法で救出を行うよう定められているのだ」


・・・・・・・・・・・・・・・

アロンソ、引退直後にF1マシンをドライブ
2020年F1復帰の可能性は?
McLaren

 フェルナンド・アロンソはF1引退から24時間も経たないうちにグランプリマシンを走行させた。元々、2013年のマクラーレンMP4-28をアロンソがテストすることは予定されていなかったが、マシンを交換するジミー・ジョンソンのためにベンチマークを設定するため、彼はチームに数周走行させてくれるよう頼んだ。

 だが彼は最後にもう一度大きなエンジン音を体感したかったのに違いない。もしマクラーレンが来年大きな改善を見せるようなら、アロンソは2020年にグランプリレースに復帰するだろうと多くの人々が考えており、アロンソ自身もその可能性があることを認めている。

「今のところはF1とはお別れだ。だが何が起きるかは分からないよ。2020年に復帰するかもしれないし、しないかもしれない。今のところは分からないし、今は2019年に向けた多くの可能性を検討しているところだ。来年どうなるかはその後で分かるだろう」

(Translation: AKARAG)


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/21(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
6/22(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
6/23(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報