F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2021年PU規則決定遅れにいら立つエンジンサプライヤー。ポルシェ復帰決断の遅れが原因か

2018.08.16

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

2021年エンジン規則決定を遅らせているのはポルシェか
開発時間の不足にいら立つエンジンサプライヤー
DR

 現在F1に参戦する4社のエンジンマニュファクチャラーは、FOMの新オーナーとFIAに対して不安を抱いている。2021年のエンジンがコース上でテストを行なう時期まで30カ月を切ったが、いまだにエンジン規則は決定されておらず、時間が不足してきている。

 FIAはこの規則をフランスGPとオーストリアGPの間の6月末までに発表するとしていたものの、そこから7週間が過ぎたいまもまだ、近々発表となりそうな予兆すらなく、メルセデス、フェラーリ、ホンダ、ルノーはいら立ちを覚えている。

 おそらくはポルシェが3年後のF1復帰に二の足を踏んでいることがFIAの決定を遅らせているのだろう。しかしポルシェがF1に復帰しなかったとしても、FIAとFOMはマニュファクチャラーに対し、現在よりもコストのかからないエンジンを要求することになりそうだ。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号