F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】ライコネン観察日記:選手権争いに大きく出遅れたキミ「こんな状況では、とても満足はできない」

2018.06.20

 長年ライコネンの「番記者」を務めるフィンランド人ジャーナリストのヘイキ・クルタ氏が見た、アイスマンの言動をお送りするF1速報web限定連載。シーズン1/3が終わり結果に不満を抱えるライコネン。フランスで再び表彰台に登れるか。

--------------------

 カナダGPの終了をもって、2018年シーズンも3分の1を終えた。私はレース後のパドックでキミ・ライコネンをつかまえ、荷物をまとめてスイスの自宅へ帰ろうとしていた彼に話を聞いた。

 キミはこのレースを6位でフィニッシュした。土曜の予選ラップでのミスに落胆していた彼にとって、日曜のレースはそれにも増して満足できないものだった。

 モントリオールでは、モナコと同じくらい予選順位が重要だ。したがって、アタックラップでの大きなミスは、レースそのものを台無しにすることに直結する。

 Q3最後のラップに入った時、ライコネンには確実にタイムを更新できそうな勢いがあった。ところが、ターン2の立ち上がりでグリーンにタイヤを落とした彼は、そこでスロットルを戻してアタックを止めてしまう。もしあのままプッシュし続けていたら、完璧なラップではないにしても、タイムの更新はできたかもしれない。

 だが、ドライバーが大きなミスをした瞬間に、ふと気が抜けてしまうのは仕方のないところだ。この「もし」については、これ以上追求しないことにしよう。

 レースもまた厳しいものになった。5番手グリッドからスタートしたキミは、ターン2を通過したところでダニエル・リカルドに抜かれ、ひとつ順位を下げてしまった。そして、そこからはモナコと同じ状況が繰り返された。ピットストップを終えた後は、最後までルイス・ハミルトンの背後から抜け出せずに終わったのである。

 キミと話をするチャンスを得たのは、こうしたレースが終わった直後のことだった。私は「シーズンの3分の1を終えて、ここまでの戦いを総括してもらえるかな?」とたずねた。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報