F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:フォース・インディア買収を全力でサポートするリバティ・メディア

2018.07.18

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

フォース・インディアの買い手、募集中
現在の候補は4つ
XPB Images

 リバティ・メディアはなんとしてもビジェイ・マリヤをF1界から追放したい意向で、フォース・インディアを買収したいと考える候補者の数は増え続けている。

 この件ではウイリアムズの現状と今後の見込みの薄さにしびれを切らしたランス・ストロールの父親ローレンスが、買収候補者リストのトップに浮上しているという。ローレンスは昨年支払った額に対する今季のウイリアムズの結果に不満を抱いているのだ。

 またフォース・インディアのスポンサーであるBWTも候補に上がっており、こちらはメルセデス代表トト・ウォルフが支持をしている。この場合の目的はフォース・インディアをメルセデスのジュニアチーム化することである。

 さらにはイギリスのエナジードリンク会社であるリッチエナジーも手を上げているものの、こちらはどちらかというと宣伝行為だと考えられる。4つ目の候補者はアレキサンダー・ロッシの父ピーターが率いる合弁会社で、アメリカの投資家やマイケル・アンドレッティ、ザック・ブラウンも関与している。

 またオースティンにF1を誘致したタボ・ヘルムンドも未公開株式投資ファンドのキャッスルハランとともに、チーム買収を目的に動いているという。マリヤに残された時間は少ないため、彼は近いうちに決定を下さなければならないが、新たなチームオーナーが誰になるのかは今のところ未定だ。

・・・・・・・・・・・・・・・

計画的なメルセデスの組織変更
F1オーストリアGPのダブルリタイアは無関係
XPB Images


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報