F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アメリカGP FP2:ハミルトンが再び首位。アロンソは3強チームの後方7番手に

2017年10月21日

 10月20日現地時間午後2時、USGPのフリー走行2回目のセッションが行なわれた。午前中に比べ雲はやや少なくなり、太陽も姿を覗かせる完全なドライコンディションでの走行。 


 気温25度、路面温度30度というコンディションで各車が走行を開始した。FP1でハイドロ系トラブルのため4周しか走行できなかったフェルナンド・アロンソも開始直後から走行し始めた。


 路面コンディションのトリッキーさは相変わらずで、ロマン・グロージャンがターン11、ケビン・マグヌッセンがターン19でリヤが流れてスピンを喫した他、14時18分にはセバスチャン・ベッテルもターン19入口で僅かにアウト側の縁石に乗ってしまいリヤが流れてスピンオフ。


 大きなダメージはなくピットに戻ったが、履いていたソフトタイヤは僅か2周を走ったところでフラットスポットができ使用できなくなってしまった。

2017年F1第17戦アメリカGP フェルナンド・アロンソ

 35分を過ぎたところでルイス・ハミルトンがウルトラソフトを履いてタイムアタックを行ない1分34秒台に突入。他車もアタックを行なうが34秒台の壁を破ることはできない。アロンソは最終コーナーで膨らんでソーセージ縁石に乗った際にボディワークにダメージを負い、ピットガレージでチェックを受けることになった。


 ここから各車はロングランに入るが、ウルトラソフトでも充分に走行できるほどの硬さだといわれるだけあって多くのマシンがウルトラソフトを履いてロングランのデータ収集を行なう。ストフェル・バンドーンがターン6でコースオフしかける場面もあったが大事には至らず。


 90分のセッションが終わり、中盤に記録した1分34秒668がそのままトップタイムとして残りハミルトンが首位でFP2を終えた。


 2位フェルスタッペンは0.397秒差、3位ベッテルは0.524秒差。アロンソはトップから1.636秒差で3強チームの後方7位につけたが、ウイリアムズやフォース・インディアとは僅差。


 新型フロントウイングをアロンソに譲ったバンドーンはセットアップの方向性が見定められなくなり2.795秒差の15位に沈んだ。



(Mineoki Yoneya)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号